良い不動産会社の見分け方?

 

今回は良い不動産会社の見分け方について書いてみますね。

引っ越しをする時どの不動産会社を選ぶかという事はけっこう迷いますよね。皆さんはどのようにして

不動産屋を選んでいるのでしょうか?ある人は住みたい駅にある不動産屋を選ぶ人もいればある人は住みたい

物件を取り扱っている不動産屋さんを選ぶ人もいるでしょう。また友達や知人からのクチコミなどで不動産屋を

決める人もいるかもしれません。

数多くの不動産屋さんの中で良い不動産屋ってどのように見分ければ良いのでしょうか?少なくともお店の

外観からではわかるはずがありません。見分け方としては幾つか挙げられると思いますが不動産屋の対応や

接客はもちろん重要だと思いますし店内の清潔さを挙げる人もいると思います。また他の参考サイトを見ると

その不動産屋の免許番号の更新回数を見なさい、みたいな記事もありますし、管理物件を豊富に扱っている

不動産会社を選ぼう、なんて記事をみかける事もあります。たしかにそれも間違ってはいないと思いますが

無免許で営業している不動産屋は実際は賃貸ではあまり無いですし物件を豊富に扱っているなんて言っても

レインズや他社サイトから物件を引っ張ってくるので物件数にあまり変わりはありません。

スポンサーリンク

一番大切な事は不動産屋や営業マンの利得に関係なくお客様の希望に合った物件を低費用で

紹介してくれる、もしくは自由に物件を選択させてもらえる不動産屋というのが良いかなと思います。

それは大手なら安心という訳でもなくCMでよく見かける不動産屋でもないかもしれません。

お客様が選んだ物件を営業マンが紹介してくれるなんて当たり前の事じゃない?って思う方もいるかもしれませんが、

実際に自分が選んだ物件についてその不動産屋を訪ねてみると意外にその物件を案内してもらえない事もあるんです。

営業マンにも色々と事情があって日々営業数字に追われて仕事をしている人が多くいますので、お客様が選んだ物件が

営業マンにとっても都合の良い物件とは限らないという事情があるんですね。物件によって営業マンに入る報酬が

変わってくる場合もあり、また不動産会社が抱えているそれぞれの管理物件というものがあるので物件を紹介する優先度が

あらかじめ決まっている場合もあるんです。でもそんな事情は不動産屋側の事情であってお客様からしてみれば

関係のない事です。不動産屋側の都合でお客様が本当に住みたい物件に住めないというのは本末転倒ですから。

物件について不動産屋さんに問い合わせをした時に「その物件は昨日に成約済になってしまいました。別の物件で

もっと良い物件がありますのでまずは来店を、、」なんて対応をされる事があったらちょっと注意したほうが良いかも

しれません。あくまで自分の希望条件を曲げないようにしたいですね。もっと言えば不動産会社はレインズ等の

共有データベースで物件を探す事も多いですがレインズ画面にはお客様にあまり見られたくない情報も少し載って

いたりしますので、逆にその画面をお客様に開示しながら一緒に部屋探しをしてくれるような不動産屋さんも

個人的には良心的な感じがします。また少し極端ですがお客様が一番に希望する物件を探してくれる不動産屋は

少ないと思ったほうが良いかと思います。どの不動産屋も管理物件やAD(広告料)が高い物件、審査が通りやすい

物件(管理会社)など自社や自分に有利な物件から勧めてくる事が多いでしょう。であればWeb上にあるたくさんの

物件から自分で選んで連絡すれば安心!と思うかもしれませんがそのポータルサイト上の物件でさえ不動産屋にとって

利益になる物件が選択されがちです。会社も慈善事業ではないので当たり前かもしれませんね。

それが嫌なら自分で物件を探したほうが良いかもしれませんね。別に不動産屋に行かなくても街中に物件は溢れている

訳ですのでその気に入った物件の管理会社を見つけて空き室があるかどうか連絡すれば良いだけです。

もちろん大家さんが直接契約してくれるならそれでも良いですが後々のトラブルを考えると仲介を入れたほうが

安心かもしれません。管理会社の看板がなくても建物内の掲示板等になにかしらの管理会社の張り紙があるかと思います。

いずれにしても自分にピッタリの部屋が見つかるまで根気強くお部屋探しをしていきたいものですね。

スポンサーリンク