どの不動産屋へ行っても紹介される物件は同じ?

どの不動産屋へ行っても紹介される物件は同じ?

 

今回は不動産屋の紹介する物件について書いてみますね。

引越しをする時に1つの不動産屋でお部屋を決めてしまう事もあれば複数の不動産屋へ行ってお部屋を

紹介してもらう事はあると思います。

当然色々な不動産屋の扱っている物件を比較検討してその中からベストな物件をチョイスしたい、

という思いからそのような行動をされる方が多いと思います。

でも幾つか不動産屋を訪ねた場合でも2軒目の不動産屋で紹介してもらった物件が「さっき(1軒目)

紹介してもらった物件と同じでは?」と感じた経験がある人も多いのではないでしょうか。

これは不動産屋の物件検索を辿ってみると確かにその通りなんです(‘_’)

不動産屋はレインズやATBBという共有のデータベースを利用してお客様の希望に合ったお部屋を

紹介する事が多いので、お客様の希望条件が同じであれば当然1軒目でも2軒目でも同じ部屋を

紹介されるという可能性はあるという事になるんです(>_<)

だからどの不動産屋へ行ってもあまり意味がないという事は言えるのかもしれません。

でも中には1つの不動産屋しか扱っていない物件というのもあるんですね。

それが専任物件とか管理物件というものです。専任物件は本当はレインズなどのデー

タベースに登録しないといけないんですがあえて登録しない会社さんもあるようです(本当はダメなんですけど。。)

なぜかっていうとレインズに登録しちゃうと他の不動産屋さんもその物件を紹介できるように

なるので手数料がその会社と折半になっちゃうからなんですね。

特に新学期シーズンの繁忙期なんかは不動産屋はお客様が多いので他社さんに情報を流さなくても

自社だけで専任物件を成約させやすいのでレインズに登録しない事なんかもあり得る訳です。

そして繁忙期が終わってもその物件に入居者が決まらなければ「そろそろ登録するかな~」って事で

レインズ等に登録して他社さんでも客付けできるようにする感じです。

う~ん、でも大家さんの立場からすればどの不動産屋が契約を決めようが単純に入居者さんが

決まってくれればそれで良い訳で、不動産屋の手数料の都合で他社に案内させないというのは

その物件の成約が遅くなる可能性もあるので決して大家さんに対して親切な行為ではないですねぇ。。

そもそも大家さんもその管理会社さんを信頼して物件を預けている訳ですからそのような

行為が行われているのは悲しいはず。。でもレインズは基本的には不動産屋さんしか見れないので

あまり判明しずらいという事情もあるんですよねぇ。。(-.-) それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク