申込み金・預り金のトラブルにご注意!?

 

今回は申込金・預り金のトラブルについて書いてみようと思います。

賃貸の申込み金・預り金って聞いた事がある人もいるのではないでしょうか?

申込金・預り金というのは住みたいお部屋が決まって申込みをする際に不動産屋に預けておくお金

ですね。このお部屋に住みたいという意思表示をする意味でもこのお金を預けておくという事に

なります。この申込金や預り金は不動産会社によって取る会社と取らない会社があります。

スポンサーリンク

ちなみに当店でも取っていません。この申込金・預り金を取ったからといってお客様の審査が

通りやすくなる訳でもないし不動産屋にとっても大きなメリットはないですからね。

ちなみに混同されやすい「手付金」っていうのは主に契約成立後に支払うお金です。

契約成立後に契約をキャンセルしたりする場合は手付金は残念ながら没収されちゃいます

手付金をあきらめる事で契約をキャンセルできるっていう事ですね。

この申込金・預り金は申し込み後にそれをキャンセルした場合、全額返金されるのが普通です。

もしキャンセルしないでそのまま契約締結に至った場合には敷金などの契約金の一部に充当

される事が多いかと思います。

でも最近ではこの申込み金・預り金のトラブルがけっこう多いんです

どんなトラブルかっていうと契約成立前に申込みをキャンセルしたのにも関わらず

このお金が返金されないっていう事とかですね。

そもそも賃貸契約っていうのは諾成契約という事もあって借主さん(お客様)と貸主さん(大家さん)

のお互いの意思表示が合致すれば契約は成立する、つまり契約書を交わさずに口頭の契約でも

成立するという考え方から、お客様が申込み書を提出して大家さんがOKすれば申込金や預り金は

返金しなくて良いとかって考える不動産屋さんも中にはあるようです。

でもお客様からしたらそんな事情は知らないし普通は契約が成立するのは契約書を署名捺印した後だって

いう認識の方がほとんどなんじゃないかなぁっと思います。

もちろん申込時に預り金や申込金を預かる事が悪いって言ってる訳じゃないんですよ。

そういう不動産屋さんもたくさんあります。また私も若い頃に引っ越しをした時は言われるがままに

不動産屋さんに預り金を渡していた時もありましたっ(>_<)

だからもし申込時に預り金などを渡す際にはできれば領収書ではなく「預かり証」を受け取るように

したい所ですね。その上でキャンセル時にもちゃんと返金される旨が記載されていれば安心かな

っと思います。またわからない事があれば遠慮なく営業マンの方に質問しておくっていう事も

大事かなと思います(^-^)

スポンサーリンク