賃貸で火災保険って加入しなければいけないの?

 

今回は賃貸の火災保険について書いてみようと思います。

賃貸で契約をする時に火災保険の加入を薦められた事がある人も多いかと思います。

もしくは入居の条件として火災保険加入が必須となっている事も多いですね。

料金は2年で15000円くらいの事が多いでしょうか

でも火災保険には加入をしているけれど自分がどんな内容の保険に入っているのか理解していない

人もけっこういると思います。

賃貸の契約時に入る火災保険の補償内容としては「借家人賠償責任」「個人賠償責任」「家財」「住宅修理費用」

の保証が付いている保険が多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まず「借家人賠償責任」は火災とか水濡れとか爆発で大家さんから借りている住宅が破損して大家さんに

対して賠償責任が発生した時に補償されるものです。普通は自分が火事を起こしてしまったとしても

周辺の建物を延焼させてしまっても火事を起こした本人は責任を負わない事になってます。失火責任法

という法律で決まっているんですね ところが大家さんから借りている住宅で火事を起こしてしまったら

原状回復義務があるので失火責任法とは関係なく責任が発生してしまうんです(*_*)

そのために借家人賠償責任の保障が必要という事になりますね。

次に個人賠償責任ですがこれは日常の生活の中で他人にケガをさせてしまったり他人のモノを壊しちゃったり

した時に賠償金を補償するものです。人によっては自転車に乗っている時に他人にぶつけてしまって

ケガをさせちゃったりする場合もあります。ケースによっては何千万~億単位の賠償責任が発生する

事もあるんですね。だからそんな時のために個人賠償責任の補償を付けておく必要があります。支払限度額は

1億円くらいの補償を付ける事が多いのではないでしょうか

次に「家財」ですが集合住宅に住んでいると火災や水濡れなどの事故が起こる事があります。

また自分が起こしたものならまだしも上階からの水が漏れてきて自分の大事な家財が台無し、、

なんて事もあり得ます。そんな偶然の事故が生じた場合の損害を補償するのが家財補償です。

最後に「住宅修理費用」ですが突発的な事故などによって大家さんから借りている住宅に損害が

生じ、緊急的に自己の費用で修理した時の修理費用を補償してくれるものです。

付けておけばいざという時も安心ですね

賃貸契約を締結する時にこのような火災保険に加入するようになるのが普通ですが、本当は

不動産屋を通じて火災保険に加入しなければいけないなんて義務はないんですけどね。実際保険会社に

勤めていたお客様で保険に詳しい方なんかは自分で加入するからと言って加入を断るお客様なんかも

いらっしゃいます。でも実際は入居条件のようになっている事も多いんです。また私たち不動産屋にも若干の

手数料収入があるという事情も本当はあるんですけどね。また不動産屋は保険代理店になっている

所が多いんですが年にどれくらいの契約を取る必要があるというノルマが課せられている事もあるんです。

なのでお客様の任意で保険に入ってくださいなんて事は言いづらいっていうのが本音でしょうね

中には保険契約も2年ではなく1年ごとにするお客様なんかもいらっしゃいますね。

確かに必要な補償額というのは人によって違うものだしその気持ちもわかる気はしますね。

そもそも保険というのは強制で加入させられるものではなく契約者本人が納得・合意して加入するのが

基本ですからね。

もし自分が加入したい火災保険があらかじめ決まっているのであれば不動産屋さんに一度

相談してみるのも良いかもしれませんね(^-^)

スポンサーリンク