家賃の交渉ができる物件って?

 

今回は家賃の交渉について書いてみようと思います。

最近のお客様と接していて感じるのは色々なご質問を頂く事はあるのに意外に家賃の交渉を

持ちかけてくるお客様が少ないっていう事ですね

月に千円でも2千円でも金額が下がれば借主さんも助かると思うし特に賃貸の場合長く居住

する事にもなるかと思うので長期的に見れば家賃交渉に成功すれば結構な減額になると思う

んですけどね。お客様から言われないだけで家賃交渉ができる物件ってけっこうあるんです。

スポンサーリンク

なのにお客様から家賃交渉しない理由としては不動産屋自体が交渉がしづらいと感じる人も

いるのかもしれないし、家賃交渉なんかして希望の物件を紹介してもらえなくなるのでは。。

なんて消極的になってしまう人もいるのかもしれませんねいずれにしてもお店に失礼にならない

程度に家賃交渉はしてみる事をお勧めします。もちろん全てが交渉に応じられる物件ばかりではないですけどね。

ではどんな物件が家賃交渉に応じられやすいか?という事ですが、周辺の物件と比較して多少相場より

家賃が高い物件や空き室が長引いている物件は家賃交渉の余地があるのかなと思います。

最近では一般のお客様でもポータルサイト等でも周辺の相場はある程度把握できます

普通に考えて空き室をそのままにしておくよりは数千円家賃を低くしてでも入居してもらった方が

大家さんとしても利回りが良いですからね。

また家賃交渉できる金額があらかじめ決まっているような物件なんていうのもあります。

不動産屋さんが扱う図面にそのような記載がある事もありますね。

また家賃の他にも毎月支払うお金は共益費や管理費などもありますが出来れば家賃を安くしてもらう

ほうが借主さんにとってもメリットは多いですよ。家賃が下がれば契約時の敷金・礼金だって下がりますし

毎月の家賃だって下がりますし2年ごとの更新料だって下がります。メリットが多いですね

もっとも家賃交渉が難しければ管理費を交渉してみるというのも一手なのかもしれませんね。

また家賃交渉と家賃発生日っていうのは意外と関係が深かったりします。

家賃発生日っていうと通常申込みをしてから2週間後くらいになる事が多いですね。

今住んでいる家と二重家賃になってしまう事を恐れて家賃発生日を遅らせたいという

お客様も多いかと思います。でも大家さんからしたら家賃も減額して家賃発生日も遅らせるというのは

難しい場合もあります。家賃交渉とかは申込みをする前に交渉するのが多いかと思いますが

あまりに交渉事が多すぎると審査自体が通らないなんてケースも出てきてしまうケースがありますからね。

ケースによっては家賃交渉をするのであれば家賃発生日は先方の予定日に合わせるといった配慮も

必要なのかもしれませんね

いずれにしても毎月の支払いの事ですから自分が支払っていける適正な家賃のお部屋を選びたい所です

スポンサーリンク