申し込みしたはずなのに部屋の募集は続いているって?

 

今回は部屋の申し込みと入居募集について書いてみようと思います。

お客様が部屋の内見をしてその部屋を気に入ったとすると次は申込みをします

大家さんへ「この部屋に入居したいです」って意思表示をするわけですね。

当然お客様側からすれば申し込みをしたのだから審査が通れば入居できるんだなって

思う方もいるかもしれませんが大家さんによってそうはいかない場合もあるんです

オフシーズンならまだしも繁忙期なら他にもその部屋を借りたいっていうお客様が

現れるかもしれないしそもそも保証会社の審査が通らない可能性だってある訳でして。。

だから大家さんによっては1人のお客様から申し込みが入ったとしても入居募集を

続けている場合があるんですね

これはお客様からすれば申し込みしたのになんて失礼な!って言われる方もいるかも

しれませんが大家さんからすればもっと条件の良い入居者さんがいるかも。。なんて

考える方もいます。もしもその後に他の入居希望者さんが現れたとしたら大家さんは

どっちを選ぶんでしょう。それは申込み書の質による所が大きいと思います。

また本人に直接会っているのは不動産屋なので人柄なんかでその意見を重視する場合もありますね。

要は大家さんからすれば部屋をきれいに使ってくれてルールを守り家賃滞納なんかも

ない入居者さんがベストなわけで複数の入居希望者が現れたら最善の選択をするというのは

大家さん側からすれば当たり前と考えるのかもしれません

もっともお客様から申し込みが入ればその部屋の募集は止めるのが普通なのであくまでレアケース

と考えて頂ければと思います

またそれに関連して部屋を止めておくのに預り金や手付金を徴収する不動産屋さんもありますけど

あんまり意味はないですね。たしかにお金を預けておくっていうのはその部屋を借りる気が

ありますっ、ていう意思表示にはなるかもしれないけど別にそれでその部屋をキープしておけるか

どうかを決めるというのもどうかと思います。また最近では賃貸で手付金の受領を禁止しているような

風潮もありますしねたしかに気に入った部屋が見つかれば、「もうこれ以上自分にとってベストなお部屋

は無い!」とかって考えちゃうお客様も多いですけど、探せば探すほどけっこう理想に近いお部屋は

見つかったりするのでそんなに焦らなくても自分のペースでお部屋探しをしたほうがトラブルなんかも

回避できると思います。自分を見失ってる時ってとんでもないミスしちゃったりしますからね。

根気強くお部屋探しをしていきましょう

スポンサーリンク