賃貸の入居審査をスムーズに突破するには?

 

今回は賃貸の入居審査について書いてみようと思います。

入居審査って言われると少しドキドキしますね。なんだか自分が計られているみたいで

年収と家賃の割合がギリギリ、、なんて方はもっと心配な方もいるかと思います。

よく申込時に「審査通りますかねぇ。。?」なんて質問を受ける事もありますがこればかりは

断言できないのが本音です。でも申込時の工夫や考え方次第で審査に通りやすくする事は

可能だと思います

スポンサーリンク

まず極端に言えば審査には二段階あると考えて良いと思いますよ。

大家さん(管理会社含む)の審査と家賃保証会社の審査ですね。

まず大家さんの審査ですが主には申込時の申込書などを見て審査する事になります。

大家さんは借主さんと面談する事は少ないですからね。ここでのチェックポイントですが

どうにもならない事が1つあります。お察しの方も多いと思いますがそれは「年収」です

年収は前年の収入を元に考えられる事が多いので去年転職したばかりで前年は収入が少ないけど

今年は年収は多いという事情の人は直近の給与明細の提出とかで配慮してもらえないかどうか

相談してみるのも手ですね。さて年収というのは今更変えようがない事実なのですが

その他に大事な事は意外に不動産屋との面談です審査とはいっても人間があるものですから

内見時や申込時の不動産屋との対応ややりとり・服装・喋り方なんかでイメージって変わって

しまいます。またこのイメージを元に不動産屋は大家さんと審査について相談する事もあるので

この借主さんの人柄というのは意外に大事なポイントになるので注意したほうがいいですね。

もちろん受験や就職面接のようにガチガチな感じで臨む必要はないですけど自然体で丁寧に接した

ほうが無難です。またあまりにも家賃交渉や減額交渉が度を超えるとマイナスイメージが付く

場合もあるので気をつけたほうが良いかもしれません

さて次に家賃保証会社の審査ですがどちらかというと大家さんの審査より保証会社の審査で

引っかかる人が多いように思いますね。でもみなさんは年収が家賃に対して低いのではないか

とか色々考えるんですけど、スムーズに保証会社の審査を通過するにはどちらかといえば

その保証会社の属性を考えるほうが審査に通過しやすいと思うんです。保証会社っていうのは

4つくらいの団体に分かれていて信販系・LICC・LGO・独立系っていう感じですね。

立場上あまり詳しくは書けないですけどこの4団体っていうのは1つの団体内で情報交換

する事はあり得ますけど他の団体と情報交換する事は無いと思っても良いと思います。

(たぶん。。)だから例えば過去にLICCさんに加盟の保証会社さんでトラブルを起こした

事があるんであればLICC加盟以外の保証会社さんを利用すれば審査が通りやすくなる場合もありますし

クレジットカードが作れない状態であれば信販系以外の保証会社さんを利用する、と

いう感じですね。特に賃貸の契約に伴ってクレジットカードを作る必要がある場合に

は過去に事故歴なんかある人はできることならカードを作らないほうが良い場合も

あるかもしれないですね。クレジットカードを作る事で信用情報機関から過去の情報

がわかってしまう場合もあるかもしれないですしね

各団体にどの保証会社が属しているかというのはググればけっこうわかるかもしれないですね

とはいっても保証会社は管理会社さんの指定する会社になる事が多いのでどうにもできない事も

あるんですけどあらかじめ仕組みを知っている事で回避できる事はあると思いますよ。

あきらめないで希望のお部屋を根気強く探し続けましょうね

スポンサーリンク