事故・自殺物件って本当にあるの?

 

今回は事故物件について書いてみようと思います。

事故物件っていうと主には部屋内で自殺があった物件というのを思い浮かべる人が

多いかと思います。

このような物件が本当に存在するのか?と言われれば確かに存在します。

でも不動産屋へ行って「これは事故物件です」って言われてきちんと紹介されれば

良いのですがそうでない場合もあります。自殺物件というのは入居者さんにとってもかなり

心理的な嫌悪感が強いでしょうからそれを進んで借りたいという人は少数派かと

思います。事故物件は家賃もそれなりに安くなります。また事故物件というのは

自殺だけではありません。建物の構造上や環境上、居住できないような物件も

事故物件として含まれます。

スポンサーリンク

自殺があった物件というのは重要な事項として不動産屋は説明もしなければなりません。

ただ一度自殺があったからといってその物件は永久的に事故物件として扱われる

訳ではなくケースとしては自殺があってから2番目の借主には特に説明義務はない

とされているようですね。ですので自殺が起こってから他の借主が見つかったら

そのまた次の借主には告知義務はないようです。とはいっても気にする人も多いでしょうから

説明をしてあげたほうが借主さんにとっては親切ですね。通常、事故物件など借主さんに

告知する必要がある物件については物件図面に「告知事項あり」とかいう記載があるのが

普通です。

また自殺だけではなく人間はいつか必ず寿命を迎えます。

いわゆる自然死ですね。自然死については宅建業者に重要事項の説明責任はないと

されています。現在では老人が1人住まいなんて珍しい事でもないので自然死は重要事項

の説明は不要ですね。でもこの自然死の発見が遅れた場合は別なんです。

例えば死後数か月経過している場合なんかは想像してみると部屋は汚損している可能性も

ありますし臭いも気になります。また実際に借主さんが住む部屋に遺体が何か月も放置

されていたなんて事を知ったら、借主さんはその部屋に住みたいと思うでしょうか?

う~ん、気にしない人なら大丈夫かもしれませんが普通は住みたいと思うのは少数派かと

思います。このように「知っていたら借りなかったであろう事実」「取引の判断に重要な影響を

及ぼす事項」というのは借主さんに説明する必要があるんですね。このような事を説明しないと

するとその不動産業者は罰せられる可能性すらあるんです。

大家さんからすれば自殺があったのは大家さんの責任ではない訳で損害を被っているという意味では

大家さんもかわいそうな気がしますが規則なので仕方がない部分もあります。

そういえば私の昔の先輩で家族の1人が自宅で首吊り自殺をしてその後に近所に知られないうちに

早々に建物を取り壊して更地を売却した人もいましたっけ。。これが告知事項にあたるかは微妙な感じもします。

でも周りに知られてないだけで実際には結構こんな物件は沢山あるんです。考えてみれば日本では毎年3万人も

人が自殺しているんですからもしかしたら今皆さんが住んでいる物件が事故物件である可能性だって十分に

ある訳です。

最近では事故物件を中心に紹介しているサイトなんかも流行っているようですね。そのサイトは

覗くのもちょっと怖い気もしますが。。

いずれにしても事故物件に関わらず不動産業者の重要な説明は良く聞いてから契約に望むように

したい所ですね。

スポンサーリンク