離婚した場合はその部屋には住めない?

 

今回は夫婦が離婚をしてしまった後の住まいについて書いてみようと思います。

最近では離婚が多くなっているそうですね。もっとも結婚する人の数自体が少なくなって

いますからね。また同棲もした事がないのにいきなり結婚生活で同居をはじめると

今まで気づかなかったお互いの部分に気づいて共同生活が難しくなるパターンって多い

ですね離婚理由で特に多いのが性格の不一致やパートナーが子供を大切にしてくれない、

浮気などが離婚原因として挙げられているようです。

スポンサーリンク

縁起でもない話ですが離婚を商売にすると儲かっている会社が目立ちます。客単価としても大きいですし最近では

夫が定年退職を迎えてからのお金を持っている高齢夫婦の熟年離婚も多い。離婚案件を得意とする弁護士も

多くなり最近では過払い金請求や残業代請求に続き離婚慰謝料請求などの案件が目立ってきている気がします。

実際にアドワーズ広告のクリック単価で常に上位にくるのは離婚キーワードだとか。男女が結ばれる時・別れる時

というのは相応のお金がかかりますね。

さて前置きが長くなりましたが離婚となってしまった後の住まいというのはどうなるのでしょうか。

通常、夫婦で1つのマンションに入居される場合、夫の名義で契約をする事が多いと思いますが

例えばその時に妻はそのままマンションに住み続ける事ができるのでしょうか。

答えとしてはそのまま住み続けるという事は出来ない、という事になります

手続きが必要なんですね。今まで夫婦とはいえ夫の名義でマンションを借りていた訳ですから

契約者がそのマンションを去る以上は妻もそのまま住むという訳にはいきません。

よく名義変更が必要では?なんていう声も聞く事がありますが、名義変更ではなく

夫がその部屋を解約した後に「妻の名義での再契約」が必要という事になります。

また再契約ですので初期費用の敷金や礼金などのお金も必要になってきます。

また今まで預けていた敷金も契約者(夫)に返還されるのが普通です。また口座引き落とし

となっていたりすれば口座名義の変更も必要ですし妻の所得を証明する書類等が必要な場合も

あります。また連帯保証人も新たに設定し直す必要が出てくる場合もあるかもしれません。

しかしとはいっても今まで長く住んでいたマンション等であれば不動産屋によっては多少融通を

効かしてくれる所もあるかと思いますよ。例えば敷金1つ取っても今まで10年~20年住んでいた

のであれば部屋の設備品などの耐用年数はとっくに超えているだろうし敷金は普通はほとんど夫に返還

されるかと思います。また妻がそのまま住み続けるとして再契約を結ぶとなっても再度業者を入れて

クリーニングしたりする必要もないでしょうから再度の敷金の預け入れが不要なケースもあるでしょうしね。

礼金も今までお世話になっている大家さんであれば今更不要という考え方の大家さんもいるでしょう

ただ面倒なのは夫が行方不明などのケースですね。妻と再契約するにしても最初に夫と解約手続きを

しなければならないですが、その夫が見つからないとなると大家さんから解約手続きをする事になる可能性

もありますね。大家さんから解約手続きを取る場合は通常は正当事由が必要になりますが今回のようなケース

の場合はその正当事由を訴える張本人(夫)がいない訳ですから少し時間はかかるかもしれませんね。

いずれにしても今まで二人で出し合っていたであろう部屋の家賃を妻1人で負担しないといけないとなると

家賃を捻出するのも難しい場合もあるでしょうから実家や母子寮や公営住宅など比較的低費用で入居できる

新しい住まいを検討するというのも一手なのかもしれませんね

スポンサーリンク