DKとLDKの違いって?

 

今回はDKとLDKの違いについて書いてみようと思います。

読み方に関しては今更という感じですが一応DKはダイニングキッチン・LDKは

リビングダイニングキッチンの事ですね。ダイニングキッチンの意味はダイニング(食堂)と

キッチン(台所)を1室に併存させた部屋ですね。またリビングダイニングキッチンとは

リビング(居間)と食堂と台所を1室に併存させた部屋の事になります。

でも実際に部屋を見てみてもDKとLDKの見分けはなかなか付かないと思います。

2つの何が違うかと言えば部屋の広さの違いなんですね。

その部屋が4.5帖~8帖未満であればDK、8帖以上であればLDKとなるんです。

でも上記は1部屋の場合です。居室が2つ以上ある部屋の場合は

その部屋が6帖以上でDK、10帖以上でLDKとなります。

つまり居室が1部屋なのか2部屋なのかでDK,LDKの規格が変わるんですね。

ちょっとわかりずらいかと思いますが図面を見れば表示が出ていると思いますので

大丈夫です。

ちなみに1R(ワンルーム)と1Kの違いは見た目はなんとなく似ていますが

キッチンスペースがドア等で仕切られているものが1Kという事になります。

居室とキッチンが仕切られていない部屋は1Kと呼ぶ事はできず1Rとなります。

まぁお料理をよくする人にとっては居室に匂いや煙が入らないように1Kを選ぶ人も

いますしカップルのお客様なんかだと居室とキッチンの仕切りがないほうが良い、

なんて方もいらっしゃいますね。なんだか初々しくて羨ましいです。。

また部屋の広さの表記ですが1坪=約3.3㎡、畳2枚=3.3㎡(1坪)くらいの大きさになっています。

例えば30㎡のお部屋であれば大体畳20枚分くらいの広さはあるんだなぁと思いがちですが

実際にはもう少し狭いと考えたほうが良いですね。部屋の面積の表記は壁の内側から計っているのではなく

通常は壁心(壁と壁の中心線)から計測しているので表記されている面積よりは狭く感じると

思いますよ。この点は家具を置くスペースを考える時も注意したほうが良さそうですね。

私も初めて1人暮らしを始めた時は新小岩の15㎡のワンルームでした。今考えると狭かったですけど

1人暮らしで自立するきっかけをあのマンションで作る事ができたなぁなんて思っちゃいます。

間取り図や図面だけではなく実際に自分の目で見てみるという事は大事ですね。

スポンサーリンク