一人暮らしの電気代を節約する?

 

今回は電気代の節約について書いてみようと思います。

一人暮らしを始めて始める時に今までの実家暮らしと違うのは光熱費を自分で

支払うという事がありますね。一般的には月の電気代は2000~5000円くらいが

多いでしょうか。今まで光熱費を自分で支払った事がない方にとっては各家電製品がどれくらいの

消費電力なのか想像も付かない人もいるかもしれません。

消費電力の大きい家電順に挙げてみました。

1:エアコン

2:冷蔵庫

3:照明器具

4:テレビ

5:電気カーペット

6:温水洗浄便座

7:衣類乾燥機

8:食器洗浄機

9:ドライヤー

10:その他

 

エアコンや冷蔵庫が上位に入るのは想像通りといった人も多いかと思います。またその冷蔵庫の大きさや

中に入っている食材の量によっても電気代は変わると思いますし時期によって冷蔵庫自体の温度調節も

必要かと思います。またエアコンも型の古いものは電気代が喰ったりしますし電源を入れ始めの時は特に

消費電力がかかります。また普段フィルターを清掃したり室外機にカバーを付けたりする事も節約に

繋がったりします。

その他の家電の電気代についても共通して言える事ですが当たり前かもしれませんがこまめにスイッチを

切る事ですね。あんまり長く電源が入ったままだと待機電力もバカなりませんからね。

またアンペア数が決まっているかと思いますが自分が使用する電気量によってはいきなりブレーカーが

落ちたりする事もあります。あれってちょっと焦りますよね(苦笑)私も若い頃に真っ暗の部屋の中で

携帯電話の灯りをもとにブレーカーを探した記憶があります

もしアンペア数が合っていないのであれば電力会社に連絡してアンペア数を上げてもらう事も

可能かと思います。極端に大きなアンペア数でなければ工事自体は無料になる事も多いですね。

但し年間利用になると思いますので一度変更したらその年はアンペア数の変更はできないと

思いますので事前にどれくらいの電力を必要とするのか確認しておく事も必要です。

各家電のおおよその消費電力は電力会社のホームページ等にも載っていますよ

また部屋の設備に造作を加える事にもなりますので一応管理会社や大家さんに事前に連絡を

しておいたほうが良いですね。

また最近は光熱費無料なんて物件も出てきました。主には太陽光パネル等を利用して生活上

利用できる電気を発生させて光熱費を無料にしている物件などですね。

純粋に光熱費が無料になっている物件であれば良いですが、その分を家賃や初期費用に転嫁

している物件もあるかもしれませんので、無料という言葉だけに惹かれるのではなく

トータルの相場を考慮して物件選びをしていく事が大切なのかもしれませんね

スポンサーリンク