入居中に家賃の値上げはできる?

 

今回は家賃の値上げについて書いてみようと思います。

お客様にとっていきなり家賃の値上げの請求がきたらどうするでしょうか?

増額する家賃にもよりますけど結構ビックリしますよね

例えば家賃6万円の家賃が8万円に上がったら生活が成り立たなくなってしまう場合も

あるかもしれません。

実際に家賃の増減額請求自体は大家さんからも借主さんからも認められています。

スポンサーリンク

家賃の増額請求が行われる事は更新時期が一般的ですが別に更新時でなくとも家賃の

値上げを要求されても不思議はない訳ですね

もちろん定期借家等で増額請求が認められていない場合もありますが請求自体は基本的に

お互いの自由です。

でも借主さんがその家賃増額を認めるかどうかというのは別問題なんですね。

大家さんは8万円の家賃を請求しているけれど借主さんは6万円しか払わない、という

主張をする事ももちろん可能です。また家賃の増額を認めないと更新しないと言われたのであれば

そのまま手続きをせずに放っておくという手もあります 契約は自動更新ですからそのまま

更新されるでしょうしね。

でも主張をする事と家賃の支払いを拒否する事は別です。

家賃の値上げをするなら支払をしたくない、という気持ちを持つ事もあるかもしれませんが

支払いをしない事は契約違反になってしまいます。また長い目で見れば契約解除になる

可能性もあるかもしれません。

ではその場合にはどのようにするかと言えば今までの家賃を支払い続けるという事になります。

上の例で言えば6万円の家賃を支払い続けるという事ですね。でもその額では大家さんが

受け取らない可能性もあるかもしれません。その際には供託という手続きがあります

法務力に行って手続きする事になりますが要は大家さんが受け取ってくれない家賃を国に預ける

という事ですね。これによって増額した家賃を認める事にもならず大家さんへの支払いをきちんと

しているという証明にもなります

でも供託をしたから家賃の増額が無効になった、という訳ではありません。

場合によっては調停や裁判に発展するケースもあるかもしれません。通常は調停による話合いで

解決しなければ裁判になり、もし借主さんが敗訴すれば今までの賃料と増額後の賃料の差額に1割の

利息を付けて返済しなければなりません。

そもそも裁判では家賃の値上がりについて合理的な理由が必要になります。理由もなく家賃の

増額はできない事になっているんですね。例えば土地を保有する事で税金が上がったとか

建物の価格が上昇した等ですよね。なかなか増額を認めさせる合理的な理由が見つからない場合も

あります

とはいっても現在は借り手市場ですから大家さんも何かの事情がなければ簡単に借主さんを手放す

ような事は少ないかと思います。裁判などになる前にお互いにじっくりと話合いをする事が

大切ですね

スポンサーリンク