賃貸契約の必要書類って?

 

今回は賃貸の必要書類について書いてみようと思います。

申込み書を提出していよいよ契約!という事になった時にも

幾つかの必要書類があります

すぐに用意できるものもあれば役所や勤め先に行って書類を準備する必要がある

ものもあります。賃貸契約に必要な書類について挙げてみます。

・契約者の印鑑

・契約者の住民票

・契約者の収入証明書

・連帯保証人の印鑑証明書 

・連帯保証人の収入証明書・同意書

 

管理会社等によって書類が多少異なる場合もあるかもしれませんが一般的には上記のような

書類が必要になります。まず契約者の印鑑は三文判で可能ですが契約者に印鑑証明書の提出を

求められている場合にはその登録印鑑が必要な場合もあります。住民票は一人暮らしであれば

その人の住民票が必要ですしファミリーであれば全員分のものが必要になります

収入証明書はサラリーマン等であれば源泉徴収票が一般的です。自営業の方であれば税務署で発行する

納税証明書が必要な場合があります。また連帯保証人には同意書や印鑑証明書の提出が求められる

事も多いです。同意書はその契約者の連帯保証人になる事に同意をするという事を証明する書類です。

また印鑑証明書は連帯保証人としての証明を補完する意味合いもあります。印鑑証明書の提出を

不思議に感じる方もいるかもしれませんが、管理会社が提出を求めている場合には提出をしたほうが

良いでしょう。一般的には発行から3か月以内のものを提出する必要があります

賃貸の必要書類を揃えるのって結構面倒ですよね。でも大家さんが入居を決めるかどうかというのは

収入面や連帯保証人の有無という事が大事な要素ですから、管理会社の指示に従って提出するように

したい所です。もちろん自分が提出不要と思う書類があれば納得がいくまで不動産屋さんに質問

してみるという姿勢も大事かもしれません。提出書類1つが用意できずに契約自体が破棄となって

しまっては勿体ないですから、事前によく確認した上で提出するようにしたいですね

スポンサーリンク