不動産屋の収入は仲介手数料だけじゃない?

 

今回は不動産屋さんの収入について少し書いてみようと思います。

賃貸の不動産屋さんの収入というのは主に仲介手数料です。

大家さんと借主さんの契約を仲介する事で得られる手数料が仲介手数料ですね。

でも不動産屋さんの手数料っていうのはそれだけではないんです

例えばある物件を管理していれば大家さんから家賃の数%の手数料が入ってきます。

またお客様を引っ越し業者さんに紹介すれば多少ですが手数料を頂けたりします。

また賃貸契約時に火災保険に加入する事が多いですが不動産屋さんは保険代理店に

なっている事も多いのでノルマがあったりもしますが保険契約があれば多少の手数料が

入る事もあります

また最近は保証会社を利用する事も多いですが、取扱いの保証会社さんからの手数料収入が

入る場合もあります。

また更新時には更新料というものが発生する事が多いですが管理会社さん等では更新料の

中から事務手数料を頂く会社さんもあったり、退去時の原状回復などで多少の収益が発生

する事もあります

まだ幾つか収入源というのはあるかと思いますが色々な手数料収入があります。

でもお客様の立場からして注意しなければいけないのは不要な手数料を支払う可能性が

あるという事です。真面目に事業を行っている会社さんがほとんどかと思いますが

中には不正なお金を表面的にはお客様にわからないように含んでいる場合もあるという

事ですね。いくら良い物件でもそのような会社さんと取引をする事はお薦めしません

希望している物件があったとしてもまずはその図面を疑ってみましょう。本当にその物件は

礼金を払わなければならない物件なのか、本当に鍵交換代は正当な金額なのか、ルームクリーニング費用が

妥当か、不正な特約が付されていないかなど、色々と考えてみる事はあるはずです

不動産に限らず契約当事者の間に業者さんを入れればその分マージンがかかります。

それでも不要なお金というのは支払う必要がありません。引っ越しというとなぜか

気持ちが高揚したり普段節約している人でも数千円の金額の差に鈍感になったりします。

契約書に署名する前に一度冷静になって物件の内容と契約内容が妥当なのかどうか、

よく考えてみてから契約をしても遅くはないはずだと思います

スポンサーリンク