担当者がパソコン画面をお客様に見せない理由って?

 

今回は賃貸の管理会社について書いてみようと思います。

街中にはたくさんの不動産屋さんがありますね。

大手フランチャイズのような不動産屋さんから老舗の昔からある街の不動産屋さんなど

店舗によって様々です。

賃貸の管理会社っていうのはその名の通り物件を管理している会社さんですね。

大家さんが自分で管理している場合もありますが大抵は不動産屋に頼んで物件を管理

してもらっている訳です

スポンサーリンク

管理ってどんな事するの?っていうと家賃の管理や更新事務・滞納者の管理など多岐に渡ります。

だから不動産屋の中でも大家さんと距離が近い不動産屋さんと言えそうですね。

もし賃貸のお部屋を契約するとしたらその物件の管理会社さんに行って直接契約をしたほうが

条件の交渉もスムーズにいく事もあるかもしれません。

でも一般の方からしたらその不動産屋が仲介者なのか管理会社の見分けは付かないかも

しれませんね。

もし管理会社で直接契約したいのならその物件現地に行って管理会社の看板や掲示板などを見て

管理会社を判断するという方法もあります

また不動産屋から図面を見せてもらって下の会社名等の帯部分がうっすらと張り替えた跡があったら

その会社は仲介会社さんなのかなと思います。

また物件を紹介してもらったら担当者さんに「この会社の管理物件ですか?」と聞いてしまっても

良いかもしれませんね。

または交渉時にどこかに電話をしていたり内見時に途中でどこかの不動産屋へ寄って鍵を借りに

行っているようでしたらその借りた先が管理会社さんでしょう。

とは言っても管理会社さんだから必ず条件が良いとも限らないですけどね。

あくまでお店によりますね。

そもそもそ物件の管理会社さんがどこかお客様にわかってしまったら仲介会社の商売は成立しません。

お客様みんなが管理会社の方へ行ってしまいますからね

不動産屋さんの窓口へ行って担当者に物件をPCで見せてもらう時もPCの画面は通常は

担当者側へ向いているはずです。不動産屋さんが希望条件を聞き出し該当する物件の図面

をお客様に持ってきませんでしたか?不動産屋で見るレインズとかのデータベースには

お客様に見られると多少不都合な情報が含まれていますからあまりお客様には見られたく

ないんですね。不都合な情報の1つに物件の管理会社名の記載があります。その管理会社名が

わかったらお客様がそっちへ連絡してしまう可能性もありますからね

もしくは堂々とPC画面上で物件を選択してもらうスタイルの不動産屋はそもそも最初からそのデータベースに

自社に有利な物件(管理物件や報酬の多い物件)しか入れていない事も多いです。

とはいっても最近ではレインズ画面とかもお客様に見せながら紹介する担当者もいますね。

当店なんかはそうしています。市場に出ている物件をほとんど見る事ができますからね。

そういうお店のほうがなんとなく良心的な感じがします。情報を開示して案内できる営業マンや

お店はある程度は信用できそうな気もしますよね

スポンサーリンク