不動産屋の月額会員制サイトの秘密?

 

今回は賃貸の月額会員制サイトについて少しだけ書いてみようと思います。

会員制サイトって知っていますか?賃貸では割と少ないんですけど売買ではけっこう

見かけますよね。月額~¥っていう会員費を支払ってその会員しか閲覧できない

物件を見る事ができるっていうサイトですね

最近ではこの会員制サイトも増えてきました。でもそもそもなんで会員制にする

必要があるのでしょうか?非会員でも見れるほうがそのサイトのアクセス数は

増えるのでは?と考える人もいるかもしれませんもちろん非公開物件を会員だけに

限定する事によって会員費をお客様から頂けるという利点もあるかと思います。

スポンサーリンク

まず不動産屋が扱う物件や自社サイトに掲載する物件というのは他社さんの物件も

多く含まれています。不動産屋というのは物件を共有しているんですね

でもサイトに掲載する際にも他社さんの物件を勝手に自社サイトに掲載する事は

普通は禁止されているので、他社さんの許可をもらってから掲載する事になるんで

す。掲載の取り方っていうのは口頭で良い場合もありますし書面で許可をもらう

場合もあります。ところが会員専用サイトにログインする場合は通常は会員IDとパス

ワードが必要ですよね。逆に言えばIDやパスワードがなければその物件を他社さんが

見る事はできないという事になります。という事は極端に言えば他社に掲載許可を

取らなくても会員制サイトの中であればバレる事はない、、なんて考える会社さんも

あるかもしれません。。いやでもほとんどが掲載許可を取ってきちんと掲載している

会社さんが殆どだとは思いますよ。本当です

また会員制サイトを閲覧したお客様の声でよく聞くのが「物件写真が少ない」とか

「詳細情報がない」「業者専門用語?みたいのが載ってる」という声ですね。

これは当然といえば当然の事なんです。要するに一件一件不動産屋の担当者が

物件入力をしていればこのような現象は本当は起こりずらいんですね。

不動産屋というのはコンバートというシステムを利用している事が多くて

例えばレインズ等のデータベースに掲載されている物件を一気に自社サイトに

取り込める機能が備わっている場合があります。ですからあるデータベースから

一気に情報を取り込む事によってそのまま自社サイトにその情報が取り込まれて

しまうんですね。レインズ等は業者専門用語が掲載されている事も多いですし

物件写真が少ない場合もあるんでそのような現象が起こってしまうんです。

もちろん会員制サイトでも一件一件きちんと物件写真や詳細情報を掲載している

会社さんもたくさんありますよ。でも現実問題として何万件とか何十万件の

物件情報を数人~数十人の担当者で詳細情報まで完璧に入力するなんて事は

人力的に不可能に近い場合も多いんですよね個人的には掲載されている物件数は

少数であっても一件一件丁寧に物件入力がなされている不動産会社さんの方が

なんだか信頼できるような気もします。

しかしどんなに質の良い会員制サイトであったとしても売主さんや買主さんからしたら

それは本当に良い媒体なのでしょうか。確かに売主さんによっては自分の家を売り出し

している所を近所に知られたくないという理由もあるかもしれませんし、不動産屋自体も

他社に媒介契約を取られたくないがために非公開にしている場合もあるかもしれません。

しかし売り物件や貸し物件は多数の人々の目に触れてナンボです。どんなに良い物件であったとしても

どこかに存在するその購入希望者の目に触れなければ申込みも入りません。様々な事情はあるかと思いますが

ぜひ自信を持って自分の物件をアピールするほうが良いかと思いますがいかがでしょうか

スポンサーリンク