オーナーチェンジ物件は危険?

 

今回はオーナーチェンジの物件について書いてみようと思います。

オーナーチェンジの物件というのはその名の通り物件の所有者が変わるという事です

ね。その部屋に今まで住んでいる借主さんとしては特に今までの条件と変更なく居住

し続けていられる事が多くさほどトラブルも多くはないと思います

あるとすればオーナーが変更になるに伴い家賃の増額を要求されたり建物の引き渡し

を要求される場合があります。もっとも家賃の増減は貸主・借主どちらからもいつで

も要求する事はできますがそれを受け入れるかどうかは両者の意思次第ですね。

スポンサーリンク

特にオーナーが変わったからといってそれが家賃の増額の理由になるとは思えませ

ん。また立ち退きを要求されたとしても正当事由や立退料の有無が必要になってき

ますので特に心配する事もなく借主さんはそのまま住み続ける事ができます

次に最初の大家さんに預けていた敷金ですが通常は新オーナーさんに敷金が引き継が

れるので特に問題はありません。でもこれが競売による所有者変更だと敷金が

引き継がれない場合があるので注意が必要ですね。特に借主さんが賃貸借契約を

締結する前に抵当権が打たれていると敷金返還は難しくなる事が多くなります。

必ず契約時にどのような権利設定がなされているか確認しておいたほうが良さそう

ですね

また時々あるのが新オーナーの変更時に借主さんと保証人さんにその通知をするのが

一般的ですが、保証人さんがその通知を見た時に保証人をやめると言い出すケースで

す。たぶん保証人さんとしては大家さんが変わる事で契約変更があったように感じる

人もいるんでしょうね。でも実際には新オーナーは以前の契約の権利・義務を引き継

ぐ事になるので保証人さんもそのまま継続となります。要するにオーナーチェンジが

あったからといって保証人をやめるという事はできないという事になりますね

もっとも借主さんや新オーナーさんと合意が取れれば保証人をやめる事はできるかと

思いますがなかなか実際には難しいでしょう。

あとは大家さんが変わる事で性格上のもつれが発生する可能性はありますね。

大家さんもやっぱり人間ですから部屋の使い方など個人差がある訳です。

少し雑な使い方をしたらすぐに注意をしてくる大家さんなんかもいますし

中には借主さんに無断で部屋に入る人もいると思います(大家さんとはいっても本当

は無断で侵入するのはいけないのですが。。)あとはゴミ出しの問題にうるさい

大家さんなんかもいるかもしれませんね

オーナーチェンジについてのトラブルは色々と考えられますが普通に常識をもって

生活をしていれば問題になる事は少ないはずです。最近では希薄になっている普段か

らのコミュニケーションも大切になってくるのかもしれませんね

スポンサーリンク