賃貸で印鑑証明書が必要な理由

 

今回は賃貸の必要書類に含まれる事がある印鑑証明書について書いてみようと思いま

す。印鑑証明書とは役所に登録してある印鑑ですよという事を証明するための書類

ですね。という事は当然役所に実印登録をしている必要があるという事になります

印鑑証明書の発行はそんなに複雑ではなく、まず印鑑登録する印鑑と必要書類と手数

料を持っていき印鑑登録証を発行してもらいます。その後にその印鑑登録証を元に

印鑑証明書の発行を申請するという流れになるかと思います。

スポンサーリンク

賃貸の必要書類で連帯保証人にこの印鑑証明書の提出を求める事ってけっこうあるん

ですまた物件によっては契約者本人にまで印鑑証明書の提出を求める事もありま

す。人によっては賃貸の契約になんで印鑑証明書が必要なの?って感じる人もいるか

もしれませんし、場合によってはその契約自体を破棄するケースさえ中にはありま

す。確かに印鑑証明書の提出と言われると通常は大きな取引に使用される事が多いで

すし賃貸の契約には馴染まないと考える人もいるのかもしれませんね

まず連帯保証人さんに印鑑証明書の提出を求める場合としては信用力の補完という

意味合いが強いかもしれませんね。いくら連帯保証人の署名があったとしても

本当に連帯して債務を保証する意思があるのかどうかは本人に確認しない事には

わからないですからね。また連帯保証人は契約時に同席しない事も多いですから

尚更連帯保証人の意思を確認したいという意味があると思います

基本的にはその印鑑証明書は連帯保証人本人しか発行できないものですから

その唯一の印鑑証明書をもって連帯保証する意思を確認するという意味合いが

あるようい思います。

次に契約者の印鑑証明書の提出を要求する意味としては契約者本人の意思を確認

する意味合いもあると思いますが、なりすましを防ぐ意味もあります。

まさかとは思いますがその契約書を署名・捺印したその人が契約者本人である

という保証はないですからね。他人の個人情報だっていくらでも取引されている

時代ですし。賃貸の契約で自分の身分を偽るという事はなかなかあり得ないとは思い

ますが大家さんが印鑑証明書の提出を求めている以上は提出したほうが無難かと

思います。基本的には実印と印鑑証明書の両方が揃って効力を発揮するものだと

思いますので実印さえ自分でしっかり保管しておけば印鑑証明書が悪用される

可能性は考えにくいと思いますしね。そう考えると実印登録する印鑑はどこでも

購入できそうな三文判よりは多少複雑な印影の印鑑にするほうが良いのかも

しれませんね。印鑑証明書に限らず賃貸の必要書類で何か不明な点があれば

契約をする前に提出する理由を明確にしてから提出をするようにしたい所ですね

スポンサーリンク