同じ物件でもフリーレントの有無は営業マン次第?

 

今回はフリーレント物件について書いてみようと思います。

フリーレントの物件というのは最近よく見かけますね。フリーレントの物件というの

は最初の契約時から「○か月家賃無料」という物件の事です

賃貸でも初期費用というのは高額になりがちですから借主さんにとっては

けっこう助かりますね。家賃6万円の物件で3か月無料だったら18万円も

初期費用を抑えられる事になります。また以前のお部屋から引っ越しをする時は

解約手続きのタイミングがうまくいかなくてどうしても前のお部屋と今回のお部屋の

家賃が数日重なってしまう(二重家賃)事が多いですがフリーレントであれば

その心配もなくなります。ゆとりをもって引っ越しができますね

スポンサーリンク

でもフリーレントとは言っても管理費や共益費は発生する事が多いので全て無料

という訳にはいかない部分もあるんですね。また一番注意したい事は短期解約に伴う

違約金の発生です。例えば契約書に1年以内の解約の場合は違約金(家賃×フリーレン

ト期間分など)が発生する旨の記載がある際はその期間内に解約をすると違約金を

支払わなければいけません。あくまで長期間の入居を前提としているという事です

また物件によってはフリーレントを設ける代わりに多少ですが家賃金額に上乗せ

しているような物件もあるので周辺相場とよく比較してそのフリーレント物件が

本当にお得なのかどうか判断する事も大事かなと思います。

大家さんにとってもフリーレントはメリットがあるんですよ。例えばフリーレント

じゃなくて家賃を引き下げてしまうと、他の入居者から不満が出たり家賃引き下げの

申し出が出る場合もありますしね。引いてはその物件の資産価値を引き下げる事にも

なり兼ねないのでそれならば家賃の引き下げは行わないでフリーレントで貸してし

まったほうが良いという事にもなるんですね

またこれは稀なケースですが営業マンがフリーレント期間をあえて無くす場合もある

んです。例えば大家さんからフリーレントOKの許可をもらっている物件でもお客様が

その事を知らなければそのフリーレント部分を他の手数料などに転嫁する事もできた

りします。例えばお客様が仲介手数料を無料にして欲しいと営業マンに頼んだ場合、

フリーレント期間が本当は3か月あるのにその期間を0と偽って仲介手数料を無料に

し残りのフリーレントの2か月分を自分の営業成績にしてしまう等の行為ですね。

お客様側から見ればその物件にフリーレント期間が付いている事はわからないので

そのような行為に及ぶ営業マンもいたと聞きます。あくまで稀なケースですけどね

そのような営業マンとはできるだけ契約は避けるべきかなと思います。

タダほど高いものはないなんて言いますがフリーレントであったとしても本当に

その物件がお得なのかどうか、きちんと自分で判断してから契約に望むように

したい所ですね

スポンサーリンク