賃貸の更新料は誰のもの?

賃貸の更新料は誰のもの?

 

今回は賃貸の更新料について書いてみようと思います。

賃貸のお部屋にお住まいの方にとってこの更新料というのは結構バカに

ならない負担ですよね。通常は更新料1か月分の所が多いですが

中には2か月分かかる所もあります。前月や前々月から節約に励み

更新料の支払いに充てている人もいるのではないでしょうか

場合によっては更新料がネックとなって引っ越しを考える人も

いるかもしれません

また会社によっては「更新事務手数料」という名称にしている会社さんも

あるでしょう。

最近は更新料を無くす動きというのが世の中的に出てきているので

色々と徴収方法に工夫されている会社さんもありますね。

そもそも更新料って何のお金?と考える人もいるかもしれません。

以前から慣習化しているような感じのお金と捉えている人もいるでしょう。

実際の所を言えば家賃1~2か月分もかかる事務費用なんてなかなか考えずらい

です。これが不動産屋さんの言い値と言われても仕方がない部分もあるのかも

しれませんね

更新のための諸手続き費用となっている事が多いかと思いますが

手続きしなくても契約は法定更新(自動更新)されるのですから

何のための費用って聞かれると何とも。。という感じもあります。

とはいえ契約で定められている以上は借主さんは支払いに応じたほうが

良いかと思いますね。更新料自体は違法なお金でもないですし契約書内容

に納得してサインしている以上は覆すのは簡単ではないですね

そもそも借主さんが支払う更新料って誰のものになるんでしょうか。

それは通常は大家さんと管理会社の管理委託契約の内容によります

例えば更新料が1か月だったとしたら大家さんが半月分・管理会社が

半月分くらいの割合になる事も多いのかなとも思います。事務手数料の名目

だったら管理会社さんの手数料収入になる事が多いのかもしれません。

何にしても更新料の支払い時期がきた時に慌てないように普段からしっかり

準備をしておきたいですね

スポンサーリンク