残置物の故障は本当に借主さんの負担?

 

今回は残置物について書いてみようと思います。

残置物ってあまり聞き慣れない言葉ですね。

特に部屋の設備などについてこの言葉が使われる事が多いかと思います。

例えばエアコンやガスコンロや家具などが残置物扱いをされる事が多いかも

しれません

残置物というのは前の借主さんが置いていった物です。

お客様が部屋を借りる時に不動産屋さんから「エアコンは残置物扱いです」と

説明されたらそのエアコンは前の入居者さん等が置いていったものという解釈で

良いと思います。

スポンサーリンク

通常の付帯設備(大家さんの所有物)であればその物が故障したりしたら

修理費用などは大家さんの負担になるのが普通ですね。(借主さんに過失等がないかぎり)

でも残置物の場合は借主さんの負担になってしまうので注意が必要です。

大家さんの所有物ではないので故障したら自分で(借主さん自身で)修理して

くださいね、という意味になります

契約書や重要事項説明書に設備か残置物かの説明があります。

設備の項目に「有」「無」という欄があるかと思いますが「有」となっていれば

付帯設備で「無」となっていれば残置物ですね

でも残置物って本当に借主さんの負担になるんでしょうか。

前の借主さんが置いていった物が残置物ですがその借主さんが退去した後に

部屋に誰も住んでいない期間、その物の所有権は誰が持っている事になるんでしょう

かね

基本的には前の入居者がその物を残して置いていく事を大家さんが了承した場合には

その物の所有権は前の借主さん→大家さんへ移ったと解釈する事が一般的かと

思います。前の入居者が勝手に置いていった、と説明される事も多々あるかと思いま

すが退去する際には必ず不動産屋立ち合いの元で退去チェックが入るのが普通です

から勝手に無断で置いていったというのは少し考えずらい部分でもあります。。

ちょっとグレーな部分ですねとは言ってもこの残置物扱いというのは今でも

一般的に利用されています。例えば前の入居者さんが置いていった物が捨てるには

もったいないくらい新しい状態であれば残置物扱いとしたい気持ちもわからなくはな

いんですけどね。本当に前の借主さんが放置していった物であれば残置物扱いに

なるのもわかる気はします。でも最近多いのがエアコンの残置物。エアコンが故障したり

もし交換ともなればワンルーム用でも取り付け費を含め5~6万円は覚悟しなければいけません。

前の借主さんが置いていった残置物であればまだしも故障時の修理費や交換費を逃れるために

あえて残置物扱いになっている場合も時々あります。クーラーに前借主さんの名前が書いてある

訳でもありませんからね(苦笑)高額な残置物には注意したい所です。

お部屋を借りる際には付帯設備以外のものがあるのか、故障時などにはどちらの負担

になるのか等を明確にした上で契約に望みたい所ですね

スポンサーリンク