商売を始める際には用途変更にも注意?

 

今回は用途変更について簡単に書いてみようと思います

あまり不動産に興味が無い方には用途変更というのは聞き慣れない言葉かもしれませんね。

最初に建物を建築した際にその建物をどのような用途で使用するか、という事を明記する事になっています。

例えば事務所としてその部屋を使用していたのにそのテナントが退去して、次に入居するテナントが店舗

として使用したいといった場合などです。

テナントによって用途変更が必要な場合もありますし不要な場合もあります。

スポンサーリンク

商売を始める為にテナント借りをする時にはその建物がどのような用途になっているか確認しておく

必要があるという事ですね。用途変更が必要かどうか確認するために役所に確認申請をする必要があります。

但し用途変更部分が100㎡以下の場合には用途変更手続きは不要になります(ラッキー♪

この用途変更で割と問題になりやすいのが市街化調整区域の物件の場合です。

物件が市街化調整区域にある場合にも事業目的によっては用途変更と開発許可が必要になってきます。

テナントの紹介には不動産屋が仲介に入る場合がほとんどかと思いますが、普段居住用物件を中心に

案内している不動産屋の場合、店舗物件を取り扱う際にトラブルが生じやすいかもしれません。

上記のようなケースの場合、開発許可が下りなければそのテナントは商売を始める事ができません。

そのため仲介業者である不動産屋はその辺も含めて重要事項として事前に調査しなければなりません。

テナントの契約を済ませた後で商売が始められない、、なんて事になったら大問題ですからね。

保証金や前家賃なども払っているでしょうしテナントの内装なども多額のお金がかかっているかも

しれません。契約を済ませた後で損害賠償の有無等も関係してくるでしょう。ですから不動産屋は

その土地利用の制限や開発制限に知識がある者が行わないとけっこう危険です。

不動産屋の中ではテナント賃貸をやりたがらない業者さんがけっこう多いですね。

事前に調査しなければならない事も居住用と比較すると多くなりますし万一の場合は賠償リスクも

高くなりますしね。居住用より労働量が多いのに受け取る報酬は仲介手数料1か月分では割に合わないと

考える気持ちもわからない訳ではありません。でも一方ではテナント専門でやっている業者さんもあります。

他社と差別化にもなると思いますし居住用賃貸と比較すると1年を通して需要が見込めるという事も

テナント賃貸の特徴の1つかなとも思います。

また自社が誘致したそのテナントが商売を始めた後、そのお店が地域の繁盛店になったりしたら

紹介できた喜びを感じれるのかもしれませんね

スポンサーリンク