「ペット禁止」のペットはどこまでOK?

ペット禁止のペットはどこまでOK?

 

今回はペット禁止の賃貸について少しだけ書いてみようと思います。

ペット禁止の物件って多いですよね。多いというより通常の賃貸物件はペット不可になっている

事が多いかと思います

賃貸借契約書では「犬・猫・鳥類その他ペットの飼育禁止」と記載されてある場合が殆どかと思います。

では熱帯魚や昆虫類はいいの?という話にもなりそうです。

飼育が禁止されている理由としては退去時の原状回復費が過大になる可能性がある事や悪臭が出る可能性、

近隣住民からの苦情などが挙げられるでしょう

小動物などの飼育が可能かどうかというのは法律などに決まりがある訳ではありませんので

実際には契約前に管理会社に確認をしその動物が飼育可能かどうか大家さんに承諾を取ってから飼育

するようになるのが原則です。ただ実際には小動物の場合には承諾を得ずにこっそりと飼っている借主

さんが殆どかと思います。でも後々になって借主の善管注意義務等を指摘されても困りますので

できれば許可を取っておいたほうが無難ですね

またペット禁止特約が付いていながらペットを飼っていたとしても、ペットの飼育が契約解除の正当事由に

当たるとは考えずらいため即時の契約解除というのはなかなか難しいかと思います。もし大家さんがそれを理由に

更新しないと言ってきたとしてもそのまま更新手続きをしなければ法定更新で終わりになる可能性も高いです。

最近はペット飼育が可能な物件も増えてきました。でも注意しなければいけないのはペット可物件とペット専用

物件では違うという事ですね。

ペット可物件でも飼って良いペットとダメなペットがある場合も多いですしその動物の種類や大きさを事前に

届け出る必要がある物件もあります。またペット専用物件であったとしても自分の飼育しているペットが

入居可能かどうか事前に確認が必要です。また言うまでもなく国内で飼育不可な動物は飼育してはいけません。

核家族化や単身世帯が増えている事もありペットを飼う人も増えている気がします。またそれに伴い

ペット保険なんてものもあります。ペットが病気にかかってしまった場合に治療にかかった費用に対して

保険金がおりるというものですね。でも保険金未払いの問題なども話題にあがっていますので必ず保険約款

など内容を把握してから加入するようにしたい所です。

大事なペットを飼育できるかどうかというのは要確認です。せっかく可愛がっているペットと同居できない

となると悲しいですしね。大事な自分のペットの住環境の事もしっかりと考えてあげたい所です

スポンサーリンク