部屋の又貸しを商売にしている人は多い?

 

今回は部屋の又貸しについて書いてみようと思います。

正確にいうと転貸借という事になるでしょうか。通常の賃貸借契約は例えばA(大家さん)とB(借主さん)

だとするとAがBに部屋を貸す事ですね。転貸借となるとBがC(Bの友達とか)に部屋を又貸しする事を言います。

BはAに賃料を支払いますがCはBに賃料を支払います。AB間の賃料が8万円だとすればBはCに10万円で

部屋を貸したりして差額の2万円がBの利益になります。

Cが直接Aから部屋を借りれば良いじゃん?と考える人もいると思いますが、世の中には部屋を借りたくても

借りれない人がいます。例えば外国人や生活保護者・破産歴のある人など人には色々と事情があるものです。

スポンサーリンク

部屋を借りるのに十分な収入や貯蓄がある人でさえ借りる事ができない場合があります。

特に最近では不動産屋にて保証会社の利用も増えてきたため、審査が二段階(管理会社の審査+保証会社の審査)

になる事も多く、審査に落ち続けているという人も多いのが実情です。

このような現状を鑑み、あえて割安に見える物件を積極的に借りていく個人の転貸人も少なからずいます。

とはいえ転貸借にも注意点がいくつかあります。まずは上記の例でいえばBがCに転貸するにはA(大家さん)の

承諾がいるという事です。例えばCが外国人でAがCの入居を拒否すればBはCに転貸できない事になります。

またBがAに賃料の支払いを滞っていた場合、AB間の賃貸借契約が解除される可能性がありますが、

AB間の賃貸借契約が解除されるとBC間の転貸借契約も解除される場合が多いので注意が必要です。Cにとっては

そのリスクも理解した上でBと契約する必要があるという事ですね。

AB間の契約解除といっても賃料の滞納などの解除であればCは部屋に住み続ける事ができない場合も多いですが

AB間の解除が合意解除(お互いが納得した上での解除)であればCはそのまま部屋に住み続ける事ができる

可能性が高くなります。解除理由によって転借人の主張が通るかどうかが変わってくるという事ですね。

不動産屋でも貸主になる場合があります。一種のサブリースに近い感じですが、そうでなくとも

普通に大家さんと不動産屋が賃貸借契約を締結してお客さんにそれより高い賃料で貸しちゃうみたいな。

不動産屋はもちろん自社に有利な契約内容で契約します。大家さんはその辺はプロではないので

押し切られちゃう事も多いですね。

もっとも転借人は多少割高になる賃料を支払う事になる訳ですから、その前に自分自身で契約できる賃貸物件が

本当にないかどうか、じっくりと探してから転貸借も検討したい所ですね。

スポンサーリンク