引越し時には電気・水道・ガスの事前連絡が必要です

 

お部屋が決まって引っ越しする日が決まったら事前にしておく事があります。電気・水道・ガスの連絡が

必要になりますね。それぞれ1週間くらい前に連絡しておくほうが良いと思います。もちろん連絡をしなくても

使用できるようにはなっていますが大家さんの名義になっていますので名義の変更をしないと後で怒られちゃいます

からね(笑)ただし不動産屋の繁忙期が1~3月であるのと同じように電気・水道・ガスも春の新学期シーズンは

込み合う可能性があります。早めに連絡しておいたほうが良いですね

まず電気ですが電話連絡でも良いですし最近では電力会社のHPから申込みできるようですね。

その後はブレーカーを上げれば使用できるようになっています。またアンペア数が自分の使用する家電を

考慮して足りていない時は電力会社に頼めばアンペア数を上げてもらえるはずです。一定限度を超えなければ

無料で工事してくれるかと思います。また旧居のブレーカーも引っ越し時に上げておきましょう。解約手続きも

お忘れなく

次に水道ですがこちらも水道局に連絡するかHP等で事前に申込みをしておきましょう。

蛇口をひねれば水が出てくるはずです。もし水が出て来なければ止水栓を確認して開栓しましょう。

また赤水やサビのような水が出てきた時はしばらく水を出しておいてから使用するようにしたほうが良いですね。

また引っ越し時に旧住所の水道を閉め忘れるのをお忘れなく。水が出しっぱなしになっていたらしばらくの間

水道代が発生しちゃいます。新居の契約と同時に旧居の解約手続きも必要になります。

最後にガスですがこちらはガス会社の人との立ち合いが必要になります都合の良い日にちを相談して決めて

おきましょう。ガス漏れがないかどうか等の確認が行われて開栓となります。また引っ越し時に旧居のガスの元栓を

閉め忘れるのをお忘れなく。またプロパンガスの場合はガス会社によって料金が異なる場合があります。相場よりも

かけ離れている場合には管理会社やガス会社に相談してみるのも一手です。

また旧居を退去する時には電気・水道・ガスのメーターをできればスマホ等で撮影しておいても良いと思います。

自分がどこまで使用したのか後で確認できますし後で誤った清算書が届いたとしても誤解を解く事ができます。

以上電気・ガス・水道について書いてみました。今後の生活に必要な大事なライフラインですからしっかりと

事前準備をしておきたいですね

スポンサーリンク