期間に定めのない契約は更新料がタダ?

 

今回は期間の定めのない契約について少しだけ書いてみようと思います。

通常賃貸の契約では2年ごとに契約の更新が行われますよね。大体家賃の1~2か月分の更新料となっている

事が多いのではないでしょうか

私も昔若い頃に住んでいた貸家は更新料2か月分でしたね。更新時期が近づくとせっせとお金を貯めていた

記憶があります(泣)更新料が有効か無効かなんて裁判も過去に何回か行われてますが、ざっとみると

公序良俗に反しないくらいの高額な更新料でなければ更新料自体は認められている事が多いように思います。

スポンサーリンク

通常は更新時期が近づくと更新手続きの通知が管理会社から届くと思います。しかしこの通知が届かない場合

もあります。または大家さんと何か条件面等でもめていて更新手続きがうまく進行しない場合もあるでしょう。

もし更新時期に更新手続きが行われなければどうなるのでしょうか。

その場合には「期間の定めのない契約」として契約は自動更新(法定更新)されます。

期間の定めのない契約とは文字通り期間の縛りがありません

また法定更新となり更新をしていない訳ですから更新料も発生しないのが原則です。(もちろん更新事務手数料も)

でも最近の契約書では「更新手続きはしなくても更新料は支払うものとする」みたいな条文も入っている事も

多いですけどね。

自動更新されたとなれば今まで通り連帯保証人になっていた人もそのまま保証人を継続しなければいけません。(

契約書で別の特約等がある場合は除く)

貸主側からみても貸主が解約を希望する場合は事前の解約通知+正当事由が必要になりますが期間の定めのある

契約と定めのない契約では特に大きな変わりはありません。どっちみち正当事由と立退料が必要になるのですから。

更新拒絶通知(期間の定めあり)を出すか解約申し入れ(期間の定めなし)をするかの違いくらいでしょうか。

じゃあいったい何のために更新手続きなんかするの?って話になりそうですが不動産屋と大家の定期収入の側面が

大きいでしょう。大家さんだって家賃だけじゃなかなかやっていけませんからね

でも期間の定めのない契約が借主にとって何のデメリットもないかというとそうでもありません。

期間の定めのない契約期間中に借主から解約申し入れをする場合には3か月前に申し入れをする必要があります(民法

617条)。通常の賃貸借契約では30日前くらいに大家さんに言えば解約できますよね。でも期間の定めのない

契約では3か月前に解約申し入れをしないといけないという事です。また即時引っ越しをする場合には3か月分の

賃料を支払う必要もあるかと思われます。

とはいってもこんな条文が頭に入っている管理会社は割と少ないと思うので1か月前解約申し入れで通用してしまい

そうな感じがしなくもありません。

皆さん、更新手続きはきちんと行いましょう

スポンサーリンク