隣の家の木の枝・根・枯葉は勝手に切り取れる?

 

今回は隣の家の木の枝・根・枯葉について少しだけ書いてみようと思います。

隣家とはいっても実際には距離的にかなり隣接している場合もありますので木の枝や根などが

自分の敷地に入っている場合もあると思います。

そのような時に隣家に断りもなく切り取ってしまっても良いかという事ですね。

まず木の根については民法上は勝手に切り取って良いとされています。

スポンサーリンク

しかし木の枝については勝手に切り取ってはいけないとされています。正確に言えば隣家に枝を

切り取るよう請求ができる、という事になっています。

「第233条

隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。

隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。」

実際になぜこのような差が生じているか不思議にも思いますよね。実際に起こり得る事象としては

木の枝が自分の家の敷地に入ってきている事のほうが多いはず。

これは木の根と枝を比較した場合、木の根のほうが自分の土地に直接的に侵入していて被害が大きいと

推察されるためとされています。一方で木の枝に関しては境界線を越えているとはいえ、直接的には

自分の土地に影響が少ないとされているようです。

とは言っても土地の権利はその上(空中)にもその権利が及ぶので少し微妙と言えば微妙な感じもします。

また隣家の木の根が侵入してきていたら例えば改築等で土地を造成しようとするとその木の枝が邪魔で造成できない

等のケースも想定されるため、上記のようなルールになっているとも考えられます。

但しあくまで法律上の取り決めという事です。いくら木の根が無断で切り取っても良いとされているからといって

本当に勝手に切り取った場合、隣家の木自体が枯れてしまう可能性もあるでしょう。その場合には権利の乱用

とも言われかねません。そのため木の枝・根に関しても法律に関わらず隣家に一言断ってから切断するほうが

良いかと思います。普段お互い口にしなくても土地問題というのはけっこうシビアに感じているものですからね。

私の場合は過去に隣家のベランダが自分の土地の国境を越えている事がありました。隣家は古屋だったのですが

ベランダが木の造りで雨などで腐食していて二階からベランダがぶら下がっているような状態だったんですね。

そこまで放置しておく家主さんもどうかと思いますがそのままにしておくと自分の家に損傷が出る可能性も

あったため、やんわりとその腐食したベランダの事を家主に告げた事があります。特に隣家との境界周辺の

事に無関心な人というのが結構多いので、故意ではなく本当にそのような状態に気づいていなかったという

事も結構多いです。木の枝・根が境界を超えていたとしても後々の近隣トラブルを防ぐためにも、やんわりと

告げてあげるに留まるくらいのほうが無難なのかもしれませんね

スポンサーリンク