現地鍵は管理会社の善し悪しを表すバロメーター?

 

今回は賃貸不動産の物件の鍵について少しだけ書いてみようと思います。

賃貸業者がお部屋へ案内する時の物件の鍵はいくつかあります。1つ目はオーソドックスなものですがお客様の案内の時

までに管理会社に物件の鍵を借りておいて案内するパターンですね。2つ目は管理会社の従業員が同行するパターンです。

仲介と管理の営業マン両方が同行して物件案内をする事になります。高級賃貸などに多いですね

仲介の営業マンとしては管理の担当者にも多少気を使うので面倒臭いパターンです。

3つ目は現地鍵です。物件の現地の雨どいやパイプスペースにキーボックスが隠してあって

事前に管理会社に承諾をもらってキーボックスのダイヤル番号を聞いておくんですね。現地へ行って開錠すると

めでたく物件の鍵に出会えるという事になります。たまにキーボックスの置き場が見つからずにお客様の前でテンパって

しまう事になるのですが。。(汗)

それでも仲介の営業マンとしては現地鍵が一番気楽な訳ですね。管理会社に鍵を借りに行く必要もないですし管理会社の

担当者と同行する必要もない。特に案内するお客様が変な人?や奇抜な人?だと管理の担当者に会わせづらいという

気持ちになったりもします

営業マンの中にはせっかくお客様が気に入った物件でもその物件が現地鍵でなければその物件を敬遠する営業マンも

います。鍵を借りに行くにも時間のロスがありますし面倒くさいからです。

ですので物件の集客に熱心な管理会社は現地鍵にしている会社が多いですね。仲介する営業マンの気持ちを考えて

物件案内に導きやすいようにキーボックスを手配している訳です。大家さんの中でもし今も現地鍵を設置していなく

空き室が続いているのに管理会社が何もアドバイスしてこないのであればその管理会社は少し不親切な気もします。

もちろん現地鍵であれば番号が知られれば部屋内に入られてしまう可能性もゼロではないため若干のリスクは

ありますがそれでもそれ以上のメリットがあるかと思います。空き室を埋めるためにはお客様に好かれる物件

である事はもちろん、営業マンにも好かれる物件でなければならないという事ですね

キーボックスなんて数千円でそんなにコストのかかるものでもありませんので、管理会社に鍵を預けっぱなし、、

なんて方はぜひお試しください

スポンサーリンク