賃貸契約で家賃保証会社を利用したら融資の話がきた?

 

今回は家賃保証会社について少しだけ書いてみようと思います。

賃貸契約を締結する時に必ずといっていいほど求められるのが連帯保証人ですね。特に親や兄弟、

いなければ会社の上司、それもいなければ知人・友人といった順に優先度が求められてきます。

ですが最近では連帯保証人を求められる事は少なくなってきており、家賃保証会社の利用を求められる

事が多くなってきています

家賃保証会社とは借主さんが家賃を滞納した場合や退去時の原状回復費が過大になった時に、保証会社が借主の

代わりに一時的に代払いしてくれるものです。もちろん一時的に代払いしてくれるだけで、後できっちりと請求

されます。

家賃保証会社にはクレジット信販系の保証会社や独自のグループ加盟をしている会社・独立系の会社など

様々です。審査基準もそれぞれで厳しめの審査基準の会社と緩い会社もあります。

利用形態としては契約時に家賃の50%くらいを支払いその後毎年1万円くらいを継続料として支払っていく

システムが多いと思います(金額は会社により異なります)。

なぜこのような保証会社が多くなってきているかというと大家さんにとってみれば家賃を滞納されたとしても

保証会社が立て替えてくれるので取りっぱぐれが無いからですね。連帯保証人では必ずしも滞納家賃を回収

できない場合もありますし保証継続を拒否したり請求が困難になる場合もあります。また保証人を確保できる

人ばかりとも限りません。そのためこのような保証会社が成長してきているという事情があります。

しかし借主さんが家賃を滞納した場合、その督促請求は甘いものではないと考えたほうが良いでしょう。

借主さんの家賃滞納が長引けば長引くほど保証会社が大家さんに代払いしなくてはいけないからです。

また保証会社の従業員の方々は元々は消費者金融や金融系の人間が多いのも特徴だと言われています。

消費者金融業界が衰退を見せ始めてから保証会社が多く設立してきた経緯もあります

保証会社の利用をする際には必ず審査を行います。通常は仲介の不動産屋から保証会社の申込書のコピーを

渡されてその申込書に年収や勤務先などの個人情報を記入する事になります。不動産屋や保証会社の審査ほど

他人の個人情報や個人事情をあからさまに見る機会がある商売はないと思います。また保証会社によっては

クレジットカードの照会審査などで利用される信用情報機関を利用できる事があります。

またこれは知り合いの話ですが保証会社を利用して賃貸契約を締結した後に消費者金融から融資のお話がきたという話

を聞いた事があります。これには少し驚きましたが、しかし家賃保証会社を利用したからその情報が金融会社に伝わって

融資の話が持ち掛けられたという証拠は何もありません。たまたま保証会社の利用と融資話のタイミングが重なった

可能性もあるかと思いますが、どのような内部事情になっているかまでは知る由もありません。

また保証会社を利用するにしてもしないにしても、普段から家賃の滞納などはないように注意したいものですね

スポンサーリンク