賃貸の契約はなぜ2年契約?

書類

今回は賃貸の契約期間について少しだけ書いてみようと思います。

通常お客様がお部屋を借りようと思ったらその賃貸借契約期間は2年の事が多いかと思います。
もちろんそれ以外の期間もあるかと思いますし、定期借家契約などの場合には2年に縛られない事も多いでしょう。

ですがなんで2年?と思う方もいるはずです。

1年や3年でも良いはず。
なんか2年って逆に中途半端な感じもしますね

スポンサーリンク

賃貸契約が2年である3つの理由?

幾つか答えは存在すると思いますが、まず理由として一番大きいものは契約期間が1年未満のものは「期間の定めのない契約」とみなされてしまいます。(借地借家法29条)

第二十九条

期間を一年未満とする建物の賃貸借は、期間の定めがない建物の賃貸借とみなす。

せっかく期間を定めても1年以内の期間の場合には、期間区切りなしの契約となってしまうんですね。
これも借主保護の性格が強いためと言って良いでしょう。

ですから1年では期間の定めのない契約となってしまう、かといって3年区切りでは長すぎる=結果として2年契約が多いというのが大半の見方かと思います。

 

2つ目に更新料の存在があります。
1年未満契約では期間の定めのない契約という事で更新が行えない=不動産屋や大家さんが更新料という名目のお金を徴収しにくい、という事が挙げられます。

更新料というのは大家さんが受け取るものと考えている人も多いですが、実際には不動産屋も事務手数料等の名目で半額程度は受け取るケースが多いです。
更新料が賃料1か月分としたら、0.5か月分は不動産屋の手数料となる事が多い訳です。

期間として考えても、3年契約ごとの更新料では期間が長すぎます。
また3~4年の期間を定めたとしても、その前に1~2年で引っ越しをしてしまう借主も多いですから、そうなると期間を定める意味が薄れてしまいます。
かといって1年未満の契約では更新手続きが不要となってしまうので2年契約にする、という流れになるのも自然な気がします。

 

3つ目に単身世帯の平均入居期間が2年くらいというデータもあります。
ファミリー物件の平均入居期間は4年ほどになるのですが一人暮らしではそれほど長く居住しない傾向があります。

平均的な居住期間に照準を合わせて2年という契約期間が設けられているものとも考えられます。

 

ちなみに火災保険なんかも契約時に同時に加入する事が多いかと思いますが、火災保険の契約期間も不動産屋で契約すると通常は2年契約が一般的となっています。

ですがこれは火災保険が最初から2年契約と決まっている訳ではありません。
どちらかというと賃貸借契約の2年契約に合わせて不動産屋が火災保険も2年更新のものを勧めているのです。
火災保険を借主に加入させると、保険会社から不動産屋に歩合が入ったりしたりと色々と事情があります。

2年未満で解約をすると違約金がかかる?

バツ印を持つ人

たまに「契約期間が2年だから、2年未満で解約をすると違約金がかかる」と考えている人がいるようです。
ですがそのような契約は殆どありません

通常の場合は1か月程度前に申し出る事により解約をする事ができます。
通常の契約で違約金が発生する事はほぼありません。

ですが契約書の特約等で違約金の設定がなされていれば発生する可能性はあります。
例えば初期費用があまりにも安かったり、フリーレント等の場合には違約金の有無も注意した方が良いでしょう。

2年契約だからと言って、必ずしも2年住まなければならないと勘違いされている人がたまにいるようなので、念のため記しておきます。


 

契約というのは少しややこしいですね。

面倒だから最初から契約期間なんて定めなければいいんじゃない?と考える人もいるかもしれませんが、期間をおいてその都度契約を見直すという事は大切な事ですし、また連帯保証人等への保証契約継続の意思確認の意味合いもあったりします。
更新料の徴収もありますしね

特に更新月前は金欠に陥りやすい借主さんが多いので、あらかじめ計画的にお金を貯めておくようにしたいですね。

 

2年契約だから特別に損が生じるという事ではないのでそのあたりは安心して契約して良いかと思います

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク