契約手続き前に初期費用を先に入金?

 

今回は初期費用の支払いタイミングについて少しだけ書いてみようと思います。

気に入ったお部屋が見つかったら申込み後、審査が通ればいよいよ契約、、という事になるのが普通ですが

契約前に初期費用(敷金・礼金・仲介手数料など)を先に振り込んでくださいという場合があります。

特に首都圏では多いかと思いますがお客様としては契約内容もちゃんと確認していないのになんで?

という感覚に陥る事も多いかと思います

スポンサーリンク

確かにその通りで契約内容をあらかじめざっと口頭で説明を受けていたとしても契約書面で内容を

確認するまでは何十万円という初期費用を振り込む事はできないというのはお客様視点では当然の事と

思います。

そもそも契約前や重要事項説明前に契約金を入金させる行為は宅建業法違反に問われる可能性すらあります。

一方で貸主側としては申込み審査が通ると契約前に鍵の手配や部屋の清掃などを済ます事も多いです。

また契約成立前であればお客様はノーペナルティーで申込みをキャンセルできるので貸主側としては

せっかく部屋の手配をしても手間が水の泡になってしまう可能性があります

ですので契約をする気があるというある意味意思表示の意味合いで初期費用を契約前に振込をさせる

事が多いです。また先に初期費用を振り込ませてキャンセルをしずらくするという意図もあるように

感じます。また営業マンの歩合数字のために例えば何とか今月中の数字にしたいという場合には

早めに振込させる場合もあります。

確かに契約前に入金させる行為は業法違反に問われる可能性がありますが一般的な慣例のようにも

なってきておりその他の手配がしっかりとしていればあまり気にする必要もないのかなと個人的には

感じます。また一方で例えば重要事項説明をしないで契約金を入金させたとしても、業者側が宅建業法違反

に問われる可能性は出てきますが、賃貸借契約自体は有効に成立する可能性が高いように思います。

どうしても気になるようであれば契約手続きと同時に契約金を持参するような方法で手配を進めていくよう

不動産屋に相談してみるのも良いかと思います。

本来であればそちらのほうが正式ですし相談に乗ってくれる場合もあるかと思います。

クレーム調で交渉するより穏やかに交渉したほうが何となく話がスムーズにいくような気もしますね。

せっかく良いお部屋が見つかったのであれば契約手続きはきちんとしておきたいものです

スポンサーリンク