郵送で賃貸契約書と重説が送られてきたけど大丈夫?

 

今回は賃貸の契約書と重説について少しだけ書いてみようと思います。

お部屋が気に入ったら申込みをして審査が通ったらいよいよ契約!という事になる訳ですが

契約書と重要事項説明書が郵送で送られてきた、、なんて場合があります。

特に例えば地方の人が都心に住む機会に賃貸契約をしようとして都心の不動産屋で部屋探しを頼んだり

すると上記のようなケースが起こりやすいと思います。それ以外でも郵送やりとりは結構ありますけどね。。

さてそれが大丈夫なのかどうかという事になると大丈夫ではありません

契約書類が送られてきたからといってむやみに署名・捺印して返送してはいけません。

引越しをあまりした事がない人にとっては「こういうもんなのかな?」と思ってしまうかもしれませんが

宅建業法にて重説なんかは主任者証を本人の前で提示して説明を行わなければならないとされています。

だから本人に直接説明する前に「署名・捺印だけして返送して」なんてやりとりは許されません。

遠方に住んでいるから仕方ないでは済まないんですね。

もちろん契約書を渡す際や重説なんかは不動産屋店舗で取り交わしを行わないといけない訳でもありません。

契約者の自宅や喫茶店だって良い訳です

とはいえ不便といえば不便ですよね。

こんな状況を鑑みて協会側は重説等をテレビ電話やスカイプ等のオンラインOKの方向に動いています。

おそらくもうすぐ可決されるものかと思いますがそうなれば多少は便利になるのかもしれません。

いちいち直接説明を受けなくても良いですしPCにその説明動画を保存しておいたりもできますね。

この問題には賛否あるんでしょうがネットがここまで普及した時代では自然な流れというか、むしろ遅いくらい

かなとも思います。

郵送で契約書類が送られてきたとしても簡単に署名・捺印してはいけませんね。

後から「説明を受けていない」と主張しても不動産屋側としては署名捺印があれば重説済と主張する事は

十分可能ですので気をつけましょう

スポンサーリンク