不動産屋に水曜定休日が多いのはなぜ?

 

今回は不動産屋の定休日について少しだけ書いてみようと思います。

部屋探しをしようと思った際に不動産屋が水曜定休日が多い事に気付いている人も多いかと思います。

大体どの店舗も水曜定休にしており不思議に感じた事がある人もいるかもしれません。

飲食店などであれば定休日はそれぞれお店にとって異なるはず。

まず一番の理由としては水曜日が契約自体が取りずらいという部分があるかと思います。

内見の曜日で一番多いのが土日です。一般的なサラリーマンの方々は土日休みが一番多いかと思いますので

内見や契約が多くなるんですね

スポンサーリンク

また月曜は不動産屋に新着物件が多く揃う曜日です。店舗によっては朝から新着物件を検索し物件の写真撮影や

他店舗への問い合わせに忙しくなる曜日でもあります。また土日に契約ができなかったお客様が月曜日に

流れてくる事もあります。また火曜日も月曜ほどでないにしてもその傾向があるでしょう。

金曜日については明日から土日の連休という事もあり内見案内が比較的多くなります。特に金曜日は午前中より

夕方~夜にかけてが問い合わせや案内が相次ぐ事も多くなります

となると水曜か木曜が不動産屋が集客しづらい曜日になる訳ですが特に水曜日はお客さん自体が部屋探しを

したがらない傾向があるように思います。週の真ん中に部屋探しというのは心理的にも行動が伴わないよう

にも思えます。できれば部屋探しは休日か休日の前後にゆっくり内見したいという気持ちもわかるような

気がします

2つ目はゲン担ぎの問題です。不動産業界というのはいまだに義理人情や同業者間の横の繋がりを大切に

している事も多いです。水曜日というのは水(みず)ですね。昔から水曜日に契約をすると「契約が水に

流れる(契約が破断になる)」といった言い伝えのようなものがあります。まぁ実際にはそんな事もない

気がしますが一種のゲン担ぎでしょうね。

また飲食店やデパートは比較的火曜日が定休日の事が多いようです。これもゲン担ぎのようなもので

火曜日=火(ひ)という事から「帳簿(売上)が火の車になる(売り上げが上がらない)」という言い伝え

のようなものがあるようです。

また不動産屋が水曜日に定休日が多いのは鍵の問題もあります。周りの不動産業者(特に管理会社)が

定休日なのに自社だけ営業していても、例えば自社のお客様に物件を案内して欲しいと言われても

その物件の管理会社が定休日だと鍵を借りる事ができず、結局は案内が翌日なんかになっちゃうんですね。

最近では現地鍵も多くなっていますので管理会社が定休日でも物件案内が出来る事もありますが

一般的には業者間で足並みを揃える意味でも水曜定休日が一番多いかと思います。

部屋の内見をする時には曜日も考えて行動するようにしたいですね

スポンサーリンク