借主のプロパンガス料金は大家さん次第で決まる?

 

今回はプロパンガスについて少しだけ書いてみようと思います。

みなさんは都市ガスをお使いですか?プロパンガスをお使いですか?

一概には言えませんが一般的にはプロパンガスのほうが割高になる事が多いかと思います。

そもそもプロパンガスは大家さんがその建物を建築時に配管を自宅まで引っ張ってきて都市ガスに

するかプロパンガスにするか決めたものである事が殆どです。配管工事でお金がかかるからプロパンに

しているという大家さんもいます

スポンサーリンク

そもそもプロパンガスは通常は基本料金+従量課金で料金がきまります。

基本料金はその名の通り固定料金、従量課金は利用した分の変動料金ですね。

東京都内であれば基本料金は1500円前後、従量課金は500円前後が一般的かなと思います。

特に冬になるとプロパンは料金が上がりやすいですね

そもそもどのプロパン業者を利用するかは大家さんが決める事ができます。

かしこい大家さんはプロパン料金が安いほうが借主さんの長期的な入居を見込める事を理解しているので

問題はないのですが、そうでない大家さんだとプロパン業者の言いなりに契約をしてしまう事があります。

プロパン業者も大家さんと契約をしたいのでガス料金だけではなく、大家さんが喜びそうな設備品の

無料貸与なんかもしてくれたりします。例えばインターフォン、給油機、エアコン等々ですね。

はっきり言って電気機器はプロパンガスとは無関係ですがそれでも長期の契約を取るために業者さんも

色々な策を立ててきます。

設備だけでなくリベートを支払うプロパン業者もいます

例えば「ウチで決めてくれたら1部屋につき1000円支払います」みたいな。。

大家さんも目の前に現金がぶら下がると弱いのでしょう。

さてサービスに力を入れるプロパン業者ですが、その負担はどこから捻出しているのでしょうか。

それは借主さんのガス料金です。ですので例えばある土地にマンションが2棟並んでいたとしても

AマンションとBマンションでプロパンガスの基本料金と従量課金が異なっているなんていうのは

よくある話なんですね。

ですから現在のプロパンガスが高いと感じている人は近隣相場を根拠にして大家さんに交渉してみましょう。

拒否する大家さんもいるかもしれませんが自分のリベート欲しさに必要以上の入居者負担を強いる大家さんは

個人的にはどうかと思います。

普段から生活で利用するガスですから納得した上で利用したいものですね

スポンサーリンク