更新時に普通借家から定期借家契約への切り替えを要求された?

 

今回は賃貸の更新時について少しだけ書いてみようと思います。

通常は賃貸契約であれば2年更新の事が多いように思います。その時に更新料が家賃1~2か月分くらい

発生する事が多いように思います。最近では更新料なしの物件も多くなってきましたね。

しかしその時に管理会社から「定期借家契約への切り替え」を要求される場合があります。

管理会社からの通知書には「引き続き居住を続ける場合には期間2年の定期借家契約を締結する必要がある」

旨の記載がなされている場合があります

スポンサーリンク

借主さんとしては契約期間は2年で変わりないし特に不都合が生じる事もないのでは?と感じる人も

いるかもしれません。

定期借家契約というのはどちらかと言えば大家さん都合の契約形態です。普通借家契約では大家さんが

その建物を利用する機会ができたとしても簡単に借主に立ち退いてもらう事ができないんですね。

それ相応の正当事由と立退料の提供が必要になってきます。

定期借家契約であれば上記の例でいえば期間2年が経過すれば借主にたち退いてもらう事ができるので

そのような契約形態の変更を求めてくる場合があります

主に大家さんが建物の建て替えを検討している場合や親族に利用させたい場合、自分(大家さん)に相続が

控えている場合などにこの契約形態が利用される場合も多いかと思います。

例え通知書に「2年経過後に定期借家契約を再締結する」と記載されていても本当かどうかはわかりません。

定期借家契約である以上、大家さんが同意しなければ再契約なんてできないからです。

その場合は借主さんは新たに引っ越し先を見つけなくてはなりません。立退料の提供がない場合も多いでしょう。

そんなに簡単に普通借家契約から定期借家契約への切り替えが認められるのかといえば、答えはNOです。

定期借家契約への変更は借主の同意なしにする事はできません。

では定期借家契約への切り替えを拒否した場合はどうなるのか?という事ですが、それは当然に

今までの普通借家契約が更新される事になります。相手が更新を認めればいままで通りの契約内容で

更新ですし相手が認めなければ法定更新となります。法定更新であれば期間の定めのない契約となりますが

実生活においてはさほど気にする必要もないのかなと個人的には思います。

契約形態は意外に重要です。書面をしっかり確認してから契約するようにしたいですね

スポンサーリンク