敷金・礼金・家賃・値引き交渉しやすいのはどれ?

 

今回は不動産屋での値引き交渉について少しだけ書いてみようと思います。

いざお部屋が決まり申込みという時に値引き交渉を考える人もいるかと思います。

意外に値引きを言いだしてくる人って少ないんですが、交渉してみるとあっさり値引きに

応じられる物件もあったりします

スポンサーリンク

値引き交渉できるものに敷金や礼金や家賃などが挙げられるかと思いますが、さてこの中で

値引き交渉に成功しやすいものはどれでしょうか。

一番成功しやすいのは礼金かと思います。

礼金というのは大家さんに対して「宜しくお願いします」っていう感じのお礼金。

大家さんにとってはあって無いようなもの。また礼金は支払ったとしても最終的に仲介業者への

報酬に充てられる事なんかも多くて大家さん側としてはノータッチの場合もあります。

礼金を値引くとむしろ仲介業者の懐が痛む事になる事も多いので、仲介業者が泣けるかどうかにも

よってきます。

敷金や家賃は交渉が難しい場合もあります。

敷金は大家さんの預り金。原状回復費用に充てる事がおおいため交渉が難しい場合があります。

敷金の他にルームクリーニング費用なんかを別途支払う物件などは敷金の交渉が可能な場合もありますが

大家さんとしては出来るだけ削りたくないお金です。特に新築物件や高額賃貸などは敷金を削るのは

難しい場合が多いかと思います。

また家賃も交渉が難しい場合も多いでしょう。中には最初から「家賃交渉2000円までOK」みたいな

値引き交渉される事を前提としている物件もありますが、家賃を値引きしたとすると

当然その物件に対しての利回りも低くなり大家さんがその物件を手放す時にも売却しづらくなります。

またその物件の他の入居者への反応も気になる所で、「101号室は60000円だけど102号室は

57000円」みたいな事が102号室の住人に知られると、ウチも57000円にしてみたいな要求が

出てくる可能性もあります。またそういった要求を拒否していくと退去に繋がる事もあり、割とデリケート

に考えなければいけない事でもあります

また家賃を値引きするとその他の敷金・礼金・仲介手数料・保証料・更新料などの金額も変わってくるので

不動産屋としてもあまり良い顔をしない場合もあります。

値引き交渉をあれもこれもとあまりにもしつこくした結果、契約自体を断られちゃった

みたいな事は本末転倒だと思うので優先順位を決めて交渉してみたいですね

スポンサーリンク