不動産屋がケーキでおもてなし?

不動産屋がケーキでおもてなし?

 

今回は不動産屋の接客の変化について少しだけ書いてみようと思います。

最近では不動産屋さんもけっこう代わってきたお店が多いように思います。

一昔前であれば不動産屋は地上げ屋のような乱暴なイメージがあった方もいると思いますが、最近では

店舗内にいるのは若い女性やさわやかなイケメンがいるなんて事もしばしば。。

もともとイメージがあまり良くない業界なだけにこれは良い変化なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

最初に変化を感じたのは何年か前からカフェ感覚の内装に凝りだした不動産屋さんです

不動産屋は店内に入りずらい、、というイメージを払拭するために始めたのかと思いますが、そのような

店舗が特に賃貸では多くなってきました。中には不動産というイメージを完全になくすために図面自体も

取り扱わずPCだけで業務をこなす不動産屋もあります

またお客さんとの接し方についても変化があるように感じます。

カフェのように来店時にメニューを渡しお客さんにドリンクサービス・接客スタッフは全員女性・

お誕生日にはメールでお菓子のクーポン配布・契約時にはケーキで振る舞う・お友達紹介割引券の配布・

ファミリー層に向けたお子様の遊戯スペースの確保・制服カラーの統一・外国人対応のスタッフの配置など

細かい接客にも心配りが見られます

現在賃貸の市場というのは縮小に向かっています。核家族化・人口の減少などにより引っ越し件数が

かなり減ってきています。また賃貸仲介から撤退する業者もたくさんあります。存在さえあまり知られないまま

撤退を余儀なくされた業者もかなり多い事でしょう。

そのような縮小する賃貸業界で重視されるものの1つにリピーター率があります。

一昔前の不動産屋では売ったら終わり・貸したら終わりといった、取引が終了した時点でお客様との

関係が途絶える状況が続いていましたが、取り合うパイが減っていく現実がある以上はリピーターの確保

というのは大事な問題です。

特に不動産屋というのはある意味リピーターが付きやすい業態だと思います。元々あまり信用が厚い業界とは言えない

ため、お客様としては一度懇意にしている不動産屋を見つけると将来引っ越しをする際にその不動産屋を

再度利用する可能性もありますし、友人や家族に紹介してくれる場合も多いです。

ある店舗ではリピーター率50%という驚異的な店舗もあります。それくらいお客さんに好かれている

ファンが多い店舗であれば将来も明るい気がしますね

今後の不動産屋さんの接客サービスがどのように変わっていくのか、見守っていきたいですね

スポンサーリンク