不動産屋には駐車違反が付きもの?

 

今回は駐車違反について少しだけ書いてみようと思います。

物件への案内といえば車でのご案内がメイン。電車やタクシーを利用する不動産屋も時々ありますが

通常では社用車を利用する事が多いように思います。近隣の物件の場合、お客様と一緒にママチャリでGO!

なんて所もあります(笑)

物件現地へ到着しお客様が室内を見る事になりますが、不動産屋の担当者として多少気になるのが外に

停めた車の様子。特に都心部だと住宅街でも駐車監視員がウロウロしていたりするため気が抜けません。

狭い道に駐車しているのであればまだしもどう考えても通行を妨げる駐車にはなっていないのに

違反を取られる事もありますし、不動産屋の名前が車に貼ってあっても容赦してくれるというものではありません。

よくお客様の中に「営業マンに内見時間を急かされた。あんなに短時間じゃじっくり室内を確認する事もできない」

なんて苦情を聞いた事もありますが、営業マンには営業マンの事情がある場合もあります

駐車違反料金を会社が負担してくれるならまだしも、自己負担の会社もたくさんあるんですね。

駐車違反だけではなく社用車をぶつけたり擦ったりしたら罰金、、なんて会社は多いですし、中には

ガソリン代も給料から引かれる不動産屋もあります。私が昔勤めていた不動産屋では「お前が車をぶつけたら

みんなで分割だから気を付けろ」なんて注意された事もあります。一般的な会社であれば会社負担に

なりそうなものですが不動産屋には意外とあります。

駐車違反を取られる可能性があるのは営業マンだけではありません。

お客様だって可能性はありますし、何度かそのケースを見た事があります。

よくあるのはモデルルーム・オープンハウスを見に来るお客様ですね

新居の購入を検討しているお客様が見に来ますが、その室内を見ている時に違反を取られる事がある訳です。

家具なんかも設置されていて新築の綺麗さにうっとり妄想している最中に駐車違反、、なんてケースも

あります。なんだか車が便利なんだか不便なんだかわかりませんが駐車違反には十分注意しましょう

スポンサーリンク