物件の家賃はどうやって決まっている?

 

今回は物件の家賃の決まり方について少しだけ書いてみようと思います。

皆さんが引っ越しを考える時にサイトなんかを見ていると物件には必ず家賃の記載があります。

家賃金額を優先的に考えて物件探しをしている人も多いでしょう。

その物件の家賃ですがどのようにして決まっているのでしょうか。

お堅い話になれば収益還元法や取引事例比較法なんて重々しい交渉の結果、家賃金額が算出されている

なんて思う方も中にはいるのかもしれません

でも実際には大家さんと管理会社の家賃決めの話合いの中にはそんなお堅い話は存在しません。

結構ざっくりです(苦笑)

でもいい加減に査定しているかというとそういう訳ではありません。

特に競合他社の物件はよく比較をして検討します。

例えば大家さんに頼まれた物件があるとしてその物件とほぼ同条件の物件を検索します。

そして他社の同条件の物件の敷金・礼金額・その他の鍵交換代・クリーニング費用・連帯保証人の必要性・保証会社の

利用有無・敷引きや契約形態(普通借家・定期借家の別)・更新料・更新事務手数料の有無など総合的に勘案して

家賃を決めていきます

例えば他社物件がクリーニング費用や鍵交換代がかかるなら自社物件は若干家賃を高めに設定してもイケるとか

他社物件が定期借家なら自社物件が普通借家なので家賃が同額でも自社のほうが決まりやすいとか

他社とほぼ同条件であれば自社物件にフリーレントを付けるとか色々と考えます。

だから物件によって定期的に募集条件が変わります。それは時期的なものもありますが他社の競合物件の募集状況を

見ているからなんですね。

またその競合他社物件の空室期間も参考にします。

その物件が決まり易そうな条件であったとしても空室期間があまりにも長引いている場合、何か事情があります。

査定が甘いのか、その地域に需要が薄いのか、物件自体に問題があるのか、、いずれにしてもその他社物件が

空室期間が長引いている場合、同条件の自社物件は多少家賃を低めに設定して募集を出すなどして様子を見る

事もあります。また一定の家賃金額で募集を出して決まらないようであれば徐々に家賃を引き下げていく場合も

あります。

一般のお客様からすればあまり興味のない話題かもしれませんが、探してみると意外に明らかに条件の良い

物件があったりもします。「不動産に掘り出し物なし」は昔から言われていますが、査定の甘さによって

結果的に好条件で募集されてしまっている物件は時々あります。まぁそういう物件は市場に出てくる前に

決まってしまっている事も少なくはありませんが。。

いずれにしても色々な物件をよく比較してから物件を決めるようにしたいですね

スポンサーリンク