不動産屋で勧められた火災保険を見直しする?

 

今回は火災保険の見直しについて少しだけ書いてみようと思います。

不動産屋で賃貸契約をすると必ずと言っていいほど付いてくるのが火災保険。

大体2年契約で2万円前後が相場といった所でしょうか。大体不動産屋に言われるがままに火災保険も

申込みしてしまう人がほとんどかと思います。

不動産屋が勧める保険に入らなければいけないという決まりもないですし、強要すれば独禁法違反に抵触

する可能性もありますので不動産屋としては強制はできませんが、何となく押し切られて加入してしまう

という人も多いかと思います

スポンサーリンク

さてそんな賃貸の火災保険ですが、家計の見直しをする際に生命保険・医療保険の見直しをする人は多いのですが

なぜかこの賃貸の火災保険というのは見直しをする対象として考えていない事が多いものです。

実際に保険の見直しを専業としている保険店舗でも賃貸の火災保険の見直し件数というのはあまり多くは無い

という話も聞きます。

保険の内容が本当に必要とする保障に見合ったものであれば見直しする必要もあまりないかなとは思うのですが

意外に不必要な保障が付随しているのが賃貸の火災保険です

賃貸の火災保険というのは大まかに区分して借家人賠償責任・修理費用・家財・個人賠償責任となっています。

その他にも色々な特約が付随している場合もありますが、個人的には不要と考えます。

まず借家人賠償責任ですがこれは火災や事故が起こった場合の大家さんに対しての損害賠償責任に対して保険が

おりるものです。賃貸の火災保険としてはこれがメインで大家さんからしてみればこの借家人賠償責任だけ

しっかりしていれば他の保障は不要という人もいます。

次に修理費用ですが火災や風災で部屋の付属品が壊れて自分が修理した場合の修理費用を保障してくれるものですが

個人的には不要かと思います。

次に家財保険ですが火災などで自分の家財や衣類に損害が生じた場合に保険金がおりるものですが、

これも意外に見直す幅が大きいものです。なぜかと言えば人によって部屋に置く家財の量は

人それぞれだからです。それなのに不動産屋が指定するままに家財金額が設定されてしまっています。

自分の家財を見積り、適正な補償金額に見直しをしましょう。

最後に個人賠償責任ですが他人にケガを負わせてしまった場合などで賠償責任が生じた場合に保険金がおりる

ものです。個人賠償も無制限のものがあります。

火災保険を見直せば1万円近く安くなる事も多いです。最初から不要な保障や特約を組まされていた訳ですので

見直せば安くなる事が多いかと思います。

また部屋を退去する時には解約手続きをする事もお忘れなく。ほとんどの火災保険は解約返戻金が戻ってくる

かと思いますので、手続きしないと損ですよ

スポンサーリンク