更新月の2か月後に引っ越しをする場合、更新料を支払う必要はある?

書類

今回は更新月を少しだけ過ぎた場合の退去・解約について書いてみようと思います。

通常の賃貸借契約の場合2年契約の事が多いかと思いますが、今住んでいる物件を解約して他の物件への引越しを考えている人にとっては「更新前に引っ越しをしよう」と考えている人も多いかと思います。

理由はもちろん更新料を支払いたくないからです
更新料は家賃の1~2か月分が相場ですが、更新後に短い期間しか住む予定がないのであれば、更新の前に引っ越しをしてしまおうという気持ちも確かにわかります。

スポンサーリンク

引っ越し予定があっても更新料は必要?

ですが引っ越し日というのは割と予定がズレ込む事が多いものです。

勤務先の関係・家族のスケジュール事情・今住んでいる物件と引っ越し後の物件の二重家賃の発生・引っ越し業者との連携などの理由で、引っ越しが更新日をどうしても過ぎてしまう場合があります。

果たしてこの場合でも更新料を支払う必要があるのでしょうか。

 

結論としては原則では解約日が1日でも更新日を過ぎてしまうようであれば更新料を支払う必要があります
契約書を確認しても、恐らくは「更新の際は1ヶ月分(2か月分)相当の更新料を支払う事」といったような記しがある事でしょう。
どんなに短い期間でも契約期間を跨いでしまう以上、新たに更新料を支払う事になるのが通常です。

 

ですがこれは原則で、管理会社を通して大家さんに交渉すれば1~2か月くらいの期間超過であれば更新料は大目に見てもらえる事もあります。
もしくは更新料を月割りにしてもらえる場合もあるかと思います。
これは大家さんの考え方次第なので交渉してみなければ何とも言えません。
ですがさすがに更新月から半年も後の引っ越しとなると、更新料免除は難しいでしょう。

 

また今までの居住期間も影響してくるかと思います。
例えば今住んでいる物件に長く10年住んでいたとしたら大家さんも更新料くらいは泣いてくれる事も多いものです。
逆に短期間の居住であればきっちり更新料を支払ってくださいと言われる可能性も大きいと思います

また引っ越しのタイミングによっても変わってきます。
ご存じの通り1~3月は不動産屋や大家さんにとって繁忙期。
逆に言えばこの時期を逃すと大家さんも次の入居者を確保するのが難しくなる場合もある訳です。
年末前の引っ越しを済ますという事であれば、交渉の余地はあるのかもしれません。

またそれに付随して物件の人気度も関係してきます。
一度退去されると次の募集に苦戦するような人気薄物件の場合には、やはり退去されると大家さんは困ります。
長期間住む事を前提として、更新料免除を交渉してみるという方法もあるでしょう。
「自分はこの物件をとても気にいっていて今後も長く住みたいのだが、生活苦のためどうしても更新料の支払いが難しい」という旨を正直に打ち明けてみれば、気持ちが動かされる大家さんもいるかもしれません。

 

またご存知の方も多い通り、更新料というのは丸々大家さんに入る事は少なく、大抵は不動産屋の取り分も含まれています。(大家さんが全額受け取りの場合もあります)
例えば更新料が賃料1か月分だとしたら0.5か月分ずつとかですね。
そのため更新料全額を免除するのは厳しくとも、半月分くらいなら何とか…のようなケースもあるかもしれません。
その場合でも不動産屋側の取り分(0.5か月分や更新(事務)手数料)は交渉は難しいとしても、大家さん側の取り分(0.5)なら可能なケースもあるでしょう。

また引っ越しをする日が決まっているのであれば早めに連絡をしておく方が良いでしょう。
大家さん側としても退去されると次の入居者募集の日程等もあるため、更新月目前にそのような申し入れをされても、困ってしまいます。

またかなり前から更新料の支払いが困難である事が分かっているのであれば、例えば「今回の更新料の支払いは済ませ、次回の更新時期から更新料は無しにする」といった内容で再契約を交渉してみるという方法もあります。
長期的に住む事が決まっているのであれば、話してみる価値はあるかもしれません。

 

話は変わりますが賃貸借契約では更新をせずにそのまま居住をし続けると「期間の定めのない契約」となり契約はそのまま続行します(法定更新)。
期間の定めのない契約とはその名の通り契約期間の区切りがありませんので、その意味では更新手続きや更新料が発生しないという意見も一部ではあります。

ただそれを逆手にとって意図的に更新手続きをせずに更新料の支払いを逃れようとする行為はあまりお勧めできません。
また賃貸借契約書の中には「更新手続きの有無に関わらず更新料は発生する」と記述があるものもあります。

無茶はせずに大家さんや管理会社に正直に事情を説明し、更新料の支払いができない旨や減額を希望している旨をお願いしてみてはいかがかと思います。
結果は会社や大家さんの考え方によってそれぞれですが、話を持ち出してみると意外に良い返事がもらえる事もあるかもしれませんね

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク