賃貸で借りるなら分譲マンションより賃貸用マンション?

 

今回は分譲マンションと賃貸用マンションについて少しだけ書いてみようと思います。

賃貸用マンションというのはその名の通り賃貸に出す事を前提に建築されたマンション等の建物ですね。

分譲マンションもその名の通り1部屋ずつに分けて売り出されていたものです。その部屋のオーナーさんが

賃貸に出す場合がありますので借主さんが分譲マンションを借りる事になる場合もある訳です

賃貸で部屋を借りる時、分譲マンションにするか、賃貸専用マンションにするか悩む、という人は意外に

少ないように思います。また図面等にもその旨が記載されていない事も多いため判断材料に乏しいという

理由もあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

一般的に分譲マンションの方が建物はしっかりしていると言われます。元々1部屋1部屋を区分して

売りに出されていたものですから、当たり前と言えばそうなのかもしれません。耐震性や騒音問題など

気になされる方が分譲マンションを優先して探されているという事も結構あります。

分譲マンションは区分所有ですから1部屋ごとに所有者が異なる事も多いです。もっと言えば1部屋ごとに

管理会社が異なる場合もあります。更にもっと言えば間取り等が同じでも家賃や更新料の額が違う場合も

あるでしょう。また区分所有者が管理組合という組合を結成し、修繕計画や議案等を集団で定期的に集まって

決議しています

賃貸専用マンションは主に地主さんが収益物件として購入・建築している場合も多く、建築材料もグレードの

低いものが使用されている場合等があり、建物品質としては分譲マンションより劣る事が多いかもしれません。

だからと言って一概に賃貸マンションが悪いという訳ではなく、建物によってそれぞれです。

また賃貸専用マンションは区分所有の分譲マンションと違い所有者は1人の場合も多いです。

大家さんがその建物を1棟所有しているという事ですね。

分譲マンションの場合ですと、例えば共用部分や共用配管に劣化があり水漏れ等で修理の必要が出た場合にも

規模によっては管理組合の決議が必要になる事もあり迅速な対応ができない場合があります

特に緊急性が求められる修理が必要なのに管理組合のOKが出ないと修理ができない、なんて事も稀にあり

そのような場合には借主さんも困っちゃいますね。

借主さんとしては「どうにかしてよ!」って思うのが普通だと思いますが、部屋ごとに所有者が異なるので

誰か1人が勝手に決定しちゃいけない事案というのもあるんです。

その点所有者が1人である賃貸専用マンションであれば修繕手配もオーナーさんが独断で決められるので

迅速な対応ができる場合もあります。

もちろん分譲マンションだから必ずしも機動性に劣るとは限りません。起きた事故状況や管理会社の対応・

理事会・組合員の対応次第といった所でしょうか。

色々考える部分はありますが、結局は「自分が何を優先して部屋探しをするか」という事に尽きるのかも

しれませんね

スポンサーリンク