ビルオーナーの電気代や水道代の水増しは3割までOK?

 

今回はテナントビル等の電気代や水道代について少しだけ書いてみようと思います。

一般家庭の電気代や水道代はそれぞれにメーターが付いており毎月検針員が計測を行って

その数値により料金が決まってくるかと思います。

当然テナントビルも同じようなやり方を取っている事もありますが、割とよくあるのがビルオーナーが一括して

電力会社や水道会社へ支払をし、その後にテナント毎に請求額を決めていくというやり方です

スポンサーリンク

事業用賃貸借契約書等で最初に電気代や水道代が一定額とする事を取り決めているのであれば

わかる気もしますが、テナントに入ってから初月の電気代や水道代の明細書を見て腰を抜かすほど

金額が高い事も割りとあります。特に商業地域や繁華街のビルではこのような光景がよく見られる気がします。

ビルオーナーが各テナントの電気代・水道代の使用量がわからないのであればまだ話もわかる気もしますが

実際にはそんなことはありません

水道代ひとつ取っても給水管には孫メーターが設置してあるので、それを見れば各テナントの水道使用量

をはじき出せます。またテナント側が明細を請求する事も可能ですし、証拠が出れば返金対応してもらう

事も十分可能かと思われます。単純に部屋の賃料だけで決めてはいけないという事ですね。

こんな水増し行為ですが、実は全て無効とされている訳ではありません。過去の判例でもあからさまに

高い水増し料金はダメだけど少しであればOK、のような判例が出ているんですね。(H16:大阪地裁)

個人的にはそれもどうかと思うのですが、、、手数料分として考慮し認められているようです。

ではその水増しがどれくらいまでOKかというとその数値は「1.3倍まで」となっています。

1.3倍って、、高くない?と私は思うのですが。。使用してもいない水道代や電気代を3割増ししても

OKなんてどうも道理に合わない気がします

ただこれは事前に契約書で定めていたり、実費部分の単価を説明した場合に有効とされているようです。

「実際の電気代は本当は○○円くらいだけど手数料分を上乗せして○○円頂きます(1.3倍まで)」

みたいな説明や明細があればOKという事なんでしょうか。

しかし実際にこんな正直なオーナーさんがどれくらいいるのかわかりません。また正直に単価を説明した

ばっかりにテナント側から苦情が入る可能性も否定できません。

最近ではあるラーメン屋さんが電気料金をごまかしていた事で話題になりましたね。電気メーターの円盤が

回る速度を改造して遅くし料金をごまかしていたそうです。そこまでやるなんて。。

これから独立をされてビルテナントに入る方々、細かい請求にはくれぐれも気を付けてくださいね

スポンサーリンク