連帯保証人が死亡した場合、家賃債務はどうなる?

 

今回は連帯保証人の死亡について少しだけ書いてみようと思います。

賃貸の契約では連帯保証人を付ける事が普通です。最近では保証会社の利用もあり連帯保証人を付ける

事も少なくなってきてはいますがまだまだ保証人必須の物件は多いです。また保証会社利用+連帯保証人の確保

が必須となっている物件もあります。大家さんがよほど心配性な方かもしれませんがそのような物件は

なかなか借り手が見つからない場合も多いです。

連帯保証人は通常は契約者の親族の場合が多いかと思います。

スポンサーリンク

知人や会社の上司という場合もありますがなかなか審査は通りづらいでしょう。

親族の中でも両親のどちらかが保証人になる場合が多く、契約者より当然高齢の場合が多いため

契約者が居住中に連帯保証人が死亡するケースというのはあります。

連帯保証人が死亡した時点で契約者が家賃を滞納していた場合はどうなるのでしょうか。

連帯保証人は死亡している訳ですから連帯保証人に請求はできません。また契約者に請求できれば良いのですが

夜逃げなど行方不明になっていた場合には実際に請求困難になってしまう場合もあります。

もし連帯保証人が死亡した後、相続人が決まっていれば、家賃債務は相続人に請求する事ができます。

もちろん相続人が相続放棄をしていれば請求はできませんが相続している以上は連帯保証人の責任も

承継しているものとして請求ができるとされています。

ですがもし連帯保証人が死亡した後に、家賃滞納が発生した場合にはどうでしょうか。

一見連帯保証人が死亡した後の債務であれば連帯保証人は責任を負わないとの見方もできそうですが

実際にはこれも相続をした相続人に請求ができるものとなっています。連帯保証人が死亡した後の家賃債務

については見解が分かれる所ではありますが、最高裁判例でも連帯保証債務は消滅せず相続人に請求できる

ものとされています。

では連帯保証人の死亡後、相続人が複数いた場合はどうでしょうか。

この場合にはどの相続人に請求しても良い事になっているようです。

契約者の中には「連帯保証人が死亡した後であれば家賃滞納をしても自分に請求が来るだけで

周りの人に迷惑はかけないから、、」といった誤った見解で家賃の支払いに対する責任を軽視する人も

中にはいます。ですが実際にはその債務はとても重たいものです。

毎月の家賃の支払いはしっかりと行っていきたいものですね

スポンサーリンク