家賃保証会社が倒産したら借主さんは追い出される?

 

今回は家賃保証会社の倒産について書いてみようと思います。

最近では家賃保証会社の利用が多くなってきましたね。家賃保証会社とは借主さんが家賃を滞納したり

原状回復費用が過大になった場合に保証会社が大家さんにそのお金を代払いするシステムです。

もちろん代払いした分は後で借主さんに請求するようになります。保証会社と保証委託契約を締結する際

借主さんは契約時に家賃の30~50%くらいを保証会社に支払う事が一般的です。

ではそんな家賃保証会社が倒産した場合はどうなるのでしょうか。これは実際にも数年前にあった話で

業界最大手の保証会社が倒産となりました。その時には大家さんや管理会社が大慌てで対応にあたった事を

覚えています

スポンサーリンク

実際に保証会社が倒産した時は破産管財人が間に入り引き継ぎスポンサーなる他の保証会社を見つけ再度借主と

保証契約を締結するようになるかと思われます。それでも無理な場合には大家さん個人や管理会社自身で

引き継ぎの保証会社を見つける事が必要になってきます。

但しここで問題になるのが保証会社が倒産した時点で借主に家賃滞納が多くある場合です。

家賃滞納が多くあるとどの保証会社も引き継ぎを拒否する場合が多くなります。

引き継いだ時点で督促や明け渡し訴訟案件になる事もあるため、コスト面で割に合いません。

また引き継ぎの保証会社が見つかったとしてもその保証料を誰が支払うかという問題も残っています。

大家さんからすれば借主に支払って欲しいという思いがあるかと思いますが、借主からしたら契約時に

保証料を支払っているのになぜ再度支払をしなければいけないのか、と拒否する場合も多くあります。

実際の場合では借主が負担しないという事であれば、大家さんが保証料を支払わなければいけないか、

保証料を何割引きかで借主と大家さんが合算して支払うという方法が取られるかと思います。

どちらにしても引き継ぎの保証会社が見つかれば一時的な問題として解決する事も多いですが

最悪なのは保証会社が見つからない場合です。こうなると借主には保証会社も付いておらず連帯保証人も

いないため、無保証の状況となります。大家さんとしては連帯保証人を新たに立ててほしいとお願いする

事が普通ですが、借主としては契約時にきちんと保証会社を立てているため連帯保証人の確保に協力的でない

借主もいます。大家さん側としては無保証の状態の借主をそのまま居住させ続ける事はリスクを伴いますので

最終的な手段としては借主を追い出しにかかる場合もあります。もちろん借主の居住権は借地借家法により強力に

保護されていますので簡単に追い出し等はできるものではありませんが、それでも借主のちょっとした

契約違反にも目を凝らして問題視するようになります

この時に借主さんが気を付けるべき事は当たり前の事ですが契約の義務をしっかりと履行する事です。

特に家賃の滞納などは以前にも増して気をつけなければいけません。また部屋の使用方法にしても

どのような些細な事で善管注意義務違反を言い渡されるかわかりません。確かに保証会社が倒産した事は

借主さんにとっては無関係な出来事ではありますが、誠実に契約を履行するという事は普段から心掛けて

おいたほうが良さそうですね

スポンサーリンク