申込み時に重要事項説明を受けたら危険信号?

 

今回は重要事項説明について少しだけ書いてみようと思います。

不動産屋を通して引っ越しをする場合、部屋の内見→申込み→(審査が通ったら)重要事項説明・契約締結→入居

という流れになる事が多いかと思います。

部屋を内見してみて気に入ったら申込み書を記入し、審査が通ったら重要事項説明・契約という流れになりますね。

でも一部の不動産業者には申込みと重要事項説明を同時に行ってしまう会社があります。特に申込時に預り金や

前金を取る会社に多い風潮かと思います。

スポンサーリンク

そもそも賃貸借契約が成立する時期というのは契約書に署名・捺印をした時と考える人が多いですが

厳密に言えば賃貸借契約は「諾成契約」となっており部屋を借りたいという人(お客さん)と

部屋を貸したい人(大家さん)の意思が合致すればその時に賃貸借契約は成立しているという考え方があります。

ですからお客さんが申込書を記入しその申込書を大家さんが見て承諾すれば、例えばお客さんが契約書に署名・捺印

していなくても契約は成立しているという見方ができるという事になります。

また一方で宅建業者は契約成立前に重要事項説明をしなくてはいけません。重要事項説明とは契約書の特に大事な

部分を抜粋したものですね

ですからお客さんが申込書を書いて業者が重説をしてしまえば、あとは大家さんが承諾さえすれば契約は成立

するという考え方もあり得る事になります。

また預り金についてですが、預り金というのは契約前に預けるお金で申込みをキャンセルした時には返金される

お金です。

一方で契約後に預けるお金というのはお客さんが知らないままに手付金として受領されている場合もあり、

契約後のキャンセルとなるのでお客さんは返金を受ける事ができません。

ですから申込時に重説を同時に受けていた場合には、お客さんが預り金と思っていたとしても

不動産業者としては後から手付金だったという言い訳もある意味ではできるわけです。

宅建業者としては一応契約前に重説を済ませている訳で、また預かり金を支払っていても預かり証を受け取って

いなかったり、預かり証のつもりで受け取ったものが領収書だったりと預り金返還トラブルも多くなっています。

「部屋を抑えるためにとりあえず申込みだけ入れておきましょう。預り金はキャンセル時には返金されますので。

重説だけあらかじめしておきますね。。」なんて事になったら少し注意をしたほうが良さそうです。

そもそも申込みで部屋止めする事は良くある事ですが、預り金の有無は部屋止めには関係ありません。

預り金の支払いをするにしても、そのお金がキャンセル時には返金されるお金なのか、預かり証が発行されているか、

また返金される旨の記載があるか等を十分に確認した上で、支払を済ませたい所ですね

スポンサーリンク