管理契約を取るのにもサクラを使う?

管理契約を取るのにもサクラを使う?

 

今回は管理委託契約について少しだけ書いてみようと思います。

管理委託契約というのは大家さんから物件の管理や契約の管理を任せてもらえる契約です。

この管理を大家さんから任せてもらえる事によって不動産屋は毎月手数料を頂けるようになります。

大体一戸につき家賃の5%前後の料金が多いですね。

人口減少や核家族化によって賃貸の仲介件数自体が減っていますので固定収入を得るべく不動産屋は

管理物件数を増やす事にどこも必死です

スポンサーリンク

通常は入居者を通す場合でも管理会社を通して大家さんに話をする事になっているのですが

ひどい業者さんになりますと管理会社を中抜きして大家さんに直接話を持っていく業者もあります。

「この物件をすぐに借りたいと言っているお客さんがいるのでウチで紹介させてもらえませんか?」

「あの管理会社はそんなに低い家賃で入居者募集をしているんですか?当社ならもっと高い家賃で募集できますよ」

みたいな文句で大家さんを口説きなんとか自社で管理を任せてもらおうとしている訳ですね。

またこのような無茶苦茶な横取りをする業者さんは大抵業界内でも嫌われ者になってしまいます。

また現に管理を任せてもらったとしても一度契約さえ締結してしまった後は放置、、なんて事もあります。

手の込んだやり方になると実際にその建物に入居したいというお客さん”らしき”人物を同行させる業者も

あります。「このお客さんがこのマンションに入居したいと言っていまして、、ウチの方で直接ご紹介

させてもらえませんか?」みたいな感じです。

元付業者を通さずに大家さんと契約してしまえば仲介手数料も丸々その業者に入る事になりますし、先々

大家さんに管理を任せてもらえる可能性も出てきます。

ところがその同行したお客さん”らしき”人物は実はその業者が用意したサクラ。

その業者のアルバイトさんなのかどこかの劇団から引っ張ってきたのでしょうか。

そこまでやるかなぁ。。という感じもしますが、現実にある事です。

管理会社と固い信頼が築けている大家さんであれば「○○管理会社のほうに任せてあるから」ときっぱりと

断ってくれるのですが、中には好条件を目の前にぶらさげられると気持ちも揺らいでしまう大家さんもいます。

ですが実際にはそんな好条件はある訳もなく、結局以前の管理会社に頭を下げて管理契約を戻してもらう

場合もあります。また戻ってきた大家さんを快く受け入れる会社もありますし、中にはお断りする会社も

あります。一度管理をお任せした会社とはできるだけ長いお付き合いをしていきたいものですね

スポンサーリンク