ベランダ・玄関・トイレ・収納・ロフト 専有面積に入るのはどれ?

 

今回は専有面積について少しだけ書いてみようと思います。

マンションの専有面積の計り方については主に2通りあります。1つは「壁心面積」、もう1つは

「内法面積」というものですね。

壁心面積というのは壁の厚みの中心線(半分のところ)から面積を計算する方法です。お隣の部屋と

自分の部屋の壁の中心から計るという事ですね。

内法面積は壁の内側の実際に使用できる部分から面積を計算します。ですから壁心面積のほうが

内法面積より面積が狭くなるという事になります

スポンサーリンク

分譲タイプのマンションでは主に壁心が採用されています。また内法面積も可能ですが内法面積で

表示する場合にはその旨を表示しなくてはなりません。

また賃貸マンションでは内法で表示されているのか壁心で表示されているのか図面等を見ても記載

されていない事が多いですが一般的には面積が大きく見える内法面積で表示されている事が多いかと

思います。

部屋の内部を見てみるとこの部分は専有面積に算入するのか微妙に感じる部分もありますね。

例えばベランダ・ロフト・収納・トイレ・玄関などは専有面積に算入されるのでしょうか。

まずベランダですが基本的に専有面積には入りません。ベランダは共用部分です。確かに洗濯物干し

等で個人的に使用する事が多いですが緊急避難時用として共用部分という事になっています。

次にロフトですがロフトは建築基準法上の居室として認められていません。建築基準法では広さや天井の高さ

や採光などの一定の基準が必要とされておりロフトはその基準を満たさないため専有面積には原則算入

されていません。時々図面なんか見ているとロフトも面積に含めてしまっているものもありますが。。

では次に収納ですが収納は専有面積に含まれます。またトイレも専有面積に含まれます。これらは日常生活に

おいて個人的に使用する部分ですので面積に算入する事になっています。

また玄関ですが玄関も同じく日常的に個人が使用する部分として専有面積に含まれます。

ですが玄関ポーチは専有面積に含まれません。同じ玄関部分ですが微妙な違いがあるんですね。

分譲マンションなんかの図面だと割としっかり作成されているものが多いですが、賃貸物件ではけっこう

いい加減な図面も多かったりします。また実際に面積を計ってみてもどう見ても足りなかったり共用部分を

面積に含めてしまっていたりする場合もあります。家具の配置スペースを決めるのにも役立ちますので

気になる部分はしっかりと面積を計るようにしたいですね

スポンサーリンク