賃貸で申込みする会社は大手・中小関係ない?

 

今回は賃貸物件を契約する時の会社について少しだけ書いてみようとおもいます。

賃貸物件を選んで不動産屋に申込みをする時、割と多いのが大手のほうが安心、、というお客さんです。

何となくのイメージかと思いますが大手の方がサービスが行き届いているとか豊富な賃貸物件を抱えている

というイメージがあるようですね

ただ正直言ってしまうと大手・中小というのは賃貸においてはあまり関係がありません。

物件を紹介するにしてもレインズやATBB等の不動産屋が共有しているデータベースから部屋を紹介しますし

物件数についても確かに管理物件が多い会社というのは公開していない物件を紹介してくれる場合もありますが

その物件でも他社から紹介する事はほとんど可能です

スポンサーリンク

サービスの差と言っても大きな差はありません。強いて言えば大手の方が店舗が駅近くにあったりする事

でしょうか。しかしその店舗家賃がお客さんの何がしかの契約費用に乗っかっていたりする場合も少なくありません

。また仲介会社の実際の手続きの流れを見てみても、お客さんに合った物件を探す→車でご案内→管理会社から

申込み書を取り寄せお客さんに書いてもらい再度管理会社へFAX→管理会社側で審査(もしくは保証会社で審査)

→管理会社から仲介会社へ審査結果を伝える→審査が通ったら仲介会社がお客さんへ必要書類や契約日時等を

お伝えする→入居 という流れになります。つまり最初に入った仲介会社がやる事といえば物件へのご案内や

申込み書FAX、重説や契約書の読み合わせくらいで正直言って大した仕事はありません。

この働きで仲介手数料1か月分もらえるというのは仲介会社というのは良い仕事ですね(苦笑)

また責任期間としても仲介会社の責任期間というのはお客さんへの物件の引き渡しまで、とされています

つまり物件へ実際に入居してしまえばその仲介会社とはお付き合いは基本的になくなります。例えばもし契約時の

重説や物件説明に誤りがあったとしたら仲介会社に請求追求する場合も中にはありますが、実際には

ほとんどありません。つまり大事なのは物件を最初に紹介してもらった仲介会社ではなく、物件の入居後に

お世話になる管理会社がどういう会社か、という事のほうがよっぽど大事なんですね。管理会社がしっかりしていれば

物件内の清掃もきちんと行き届いている事が多いですし、入居者クレーム等にもきちんとした対応をする事が

多いです。緊急時のサポートにも専用の部署を設置していたりと借主さんの味方になってくれる事も多いでしょう

(時には大家さん側の味方になる事も多いですが)。物件の善し悪しは管理会社にかかっているといっても

言い過ぎではないと思います

もちろん仲介会社を大手さんで決めるのが悪いという事ではなく、会社規模で決めるよりは自分の住みたい物件

の条件を優先してその物件を管理している会社で契約するのがベストではないでしょうか。また初期費用の関係で

他に融通してくれる仲介会社があればその会社を通して申込みをしても良いと思います。

自分の希望条件をはっきりと伝えてより良い条件で契約してくれる不動産屋を選びたい所ですね

スポンサーリンク