仲介手数料1か月分の会社VS仲介手数料無料会社 それぞれの言い分?

 

今回は仲介手数料についてそれぞれの考え方について少しだけ書いてみようと思います。

賃貸の不動産屋が得られる報酬というのは基本的には仲介手数料になります。

貸主さんと借主さんの契約を間に入って仲介する事によって得られる報酬の事ですね

でも不動産屋それぞれで仲介手数料の額は異なっている場合があります。

多くの不動産屋では仲介手数料を1か月分借主さんから頂いている会社が多いかと思います。1か月分取る

不動産屋が大多数でしょう。

スポンサーリンク

しかし中には仲介手数料無料の会社もあります。借主さんから仲介手数料を頂かないというスタイルですね。

仲介手数料1か月分取る会社と仲介手数料無料の会社とでは考え方の違いもあり、正直、会社間であまり仲が

良くない場合もあります

よく聞くそれぞれの会社の言い分としては

【仲介手数料1か月分の会社】

・もともと仲介手数料の上限は1か月分まで。契約を成立させればその対価として仲介手数料1か月分を

頂くのは当然。

・仲介手数料無料の会社はAD(広告料)の付く物件しか紹介していない。

・仲介手数料無料の会社は内見1つ取っても接客対応が雑であったり不備も多い。手数料無料だからと言って

仲介業務に手を抜いて良い訳ではない。最善のサービスを提供出来ていれば1か月分の報酬を頂けるのが自然。

・仲介手数料無料の会社はADを欲しがる傾向が多い。ADが出なければ紹介しないというのは大家さんに

対しても信義に反する。

・なぜ業界の手数料水準をそこまでして下げようとするのか。

【仲介手数料無料の会社】

・仲介手数料無料の会社はADが出る物件だけ紹介している訳ではない。ADが出ない物件については

手数料割引等で対応している。

・そもそも仲介手数料1か月分というのは報酬の上限で貸主と借主がそれぞれ折半で負担し合うのが基本。

仲介手数料1か月分取る会社は借主に1か月分まるまる負担させる事について事前に同意を得ているのか。

・これだけネットやスマホが全盛の時代においてお客様自身は内見や来店など必要としていない場合が多い。

不動産屋の仲介業務の存在意義自体が薄れてきている。1か月分まるまる取るのは時代錯誤。

・物件案内・申込書送付・契約業務と一連の流れを見ても実質的に仲介手数料1か月分を頂けるほどの

対価を得られる業務内容ではない。まして物件余りの借り手市場である現在においては仲介手数料は今後の

足枷になる。もっと引っ越しが気軽に行える環境にすべき。

 

以上よく聞かれるそれぞれの会社の声について少しだけ書いてみました。仲介手数料1か月会社と無料の会社では

断然1か月分取る会社のほうが多い訳ですがお互いに手数料の事については直接的にはあまり触れずにそれぞれの

スタンスで仕事をしているといった雰囲気かと思います

個人的には手数料無料の会社のほうが合理的かと思いますし今後無料の会社が少しずつ多くなってくるように

思います。今後のIT重説等の話が進んでいけば駅前の路面店に店舗を構える必要自体も疑問視されてくる

でしょうし、業界が古い体質から脱却しITを駆使していけば低コスト化が進み増々その傾向は顕著になって

くるでしょうもちろん新しいサービスの進化には他社からの利権絡みの圧力はあるでしょうが、自然の

流れには逆らえないかと思われます。先日もソニー不動産とYAHOOの業務提携が発表されましたが

仲介自体の存在を疑問視する声も上がってくるようになり、個人間売買と同等なサービスも新たに多く

出てくるように思います。しかし不動産という高額で特殊な商品を扱う事自体、その専門性を理解している

説明者が不可欠であり個人間売買というのは現実的には困難を伴うでしょう。またこれだけ借り手市場が進めば

賃貸の不動産屋が全て仲介手数料無料になるのは自然の流れであり、むしろ今後+αでどんな付加価値の付いた

サービスを提供できるのかが資金力豊富な大手と戦っていける一つの鍵となると思います。

こんな話を書いていたらウチの近所のTSUTAYA+スタバの提携店を思い出しましたがお客様が快適と感じられる

サービスや空間造りというのも大切にしていきたいですね。ストレスフリーは当たり前でいつまでも

「不動産屋は入りづらい」なんて言われているのは時代錯誤な感じもします。限られたパイの中で今後仲介業者の

責任が重くなってくると共に今より更に競争も激化してくるでしょうから、消費者側としてはどの会社が時代に沿った

適切なサービスを取り扱っているか、見極めていく事も必要なのかもしれませんね

スポンサーリンク